007 ムーンレイカー アルティメット・エディション [DVD]

出演 : ロジャー・ムーア  ルイス・ギルバート  マイケル・ロンズデイル  ロイス・チャイルズ  リチャード・キール 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006年11月22日発売)
3.18
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142421227

007 ムーンレイカー アルティメット・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ムーンレイカー』、駄作と思ってたので観るの嫌だったんですが、観てみたら実はすごく面白かった!バカ映画として!

    これ嫌いって人もけっこういると思うけど、僕はそうじゃなくって。観たら「007とは何なのか」というのがけっこう理解できる。

    というのは、007シリーズってリアルさやシリアスさvs荒唐無稽さや娯楽性や笑いの、常にせめぎ合いなんですよね。
    ふたりのプロデューサーのうち、前者がサルツマンで後者がブロッコリ。このふたりのバランスで成り立ってたんだと思う。サルツマンが作った『国際諜報局』は『キングズマン』の元ネタにもなってるけど、路線の違いで反目して、彼は007シリーズを降りている。

    最近の監督で言うと、クリストファーノーランなんかはリアリティ路線で、『女王陛下の007』や『ロシアより愛をこめて』が好き。
    で、マシューヴォーンは荒唐無稽なのも含めて好きなんだろうなと。『キングズマン』はこの『ムーンレイカー』が元ネタになってるし、劇中のセリフでも言わせてますね。

    だから好みの問題なんです。

    この映画はつまらないわけじゃなくて、娯楽性に振り切って色々詰め込んでる。実はタランティーノとかの映画に近いんですよ。というよりもロバートロドリゲスの方が近いんだけど、そういえば『マチェーテキルズ』も元ネタは『ムーンレイカー』でした。
    タラちゃんで言うと『キルビル』、ジョンカーペンターだと『エスケープフロムLA』とかね。あと『コンエアー』とか『アルマゲドン』とか、そういうバカ映画の系譜です。
    途中で西部劇パロディがあって『荒野の七人』の音楽からマカロニのギミック付き武器披露になるとことか最高でした。

    ロジャームーア時代の007は当初からコメディ路線で、コメディでやるとパロディの笑いになる。
    ムーア1作目の『死ぬのは奴らだ』ってブラックスプロイテーションだったんだけど、それは当時流行ってたから。
    で、『ムーンレイカー』はスターウォーズのパクりというよりも、当時SFブームだったからこうなってる。だから『未知との遭遇』のパロディがある。この頃の007の娯楽性ってのは、単純に客にウケるためなんです。
    他の要素としては「企業の広告塔」ってのがあるんだけど、これって今の日本のアニメでも普通にやってますよね。

    ストーリーはものすごく単純化してご都合主義にはなってる。いきなり敵のボスが出てきて、ずっと命を狙われ続けるという笑。
    悪役の行動原理もぼやけてるんですが、これ単に優生思想で。原作だとナチの残党だからそこがわかりやすいんだけど、映画版だと描写されてないしストーリーもけっこう変更されてるからわかりづらくなってる。

    でも、「こまけぇこたぁいいんだよ!」って映画なんで、最初からバカ映画だと思って観たら楽しめると思います。こういうのがあるのも007シリーズの魅力のひとつ。『カジノロワイヤル』なんかはもっと振り切ってるので、あれも大好きだけど。
    あと、悪役ジョーズが再登場するので前作『私を愛したスパイ』から観ないと絶対ダメです。

    『キングズマン』の兵士の元ネタは『ムーンレイカー』かと思ったんですが、普通にスターウォーズでしたね。あとラストシーンも『私が愛したスパイ』よりは『ムーンレイカー』の方でした。
    マシューヴォーンは007の監督をしたかったんだけど選ばれずに『キングズマン』をやったそうだけど、このシリーズはちゃんと面白いから、もう007はしなくていいよって思う。『X-MEN ファーストクラス』もスパイ映画みたいなもんだったしね。

    今やってヒットするもの作るなら、やっぱりノーランに監督をやって欲しいってずーっと思ってる。
    ボンド役はダンスティーヴンスが良いんじゃないかな?と、構想だけは勝手に妄想して完成してます笑。

  • 「スターウォーズが大ヒットしたから」という理由で、ジェームズ・ボンドが宇宙に行くとというトンデモ設定にしたというのが笑えます。そういや、「燃えよドラゴン」がmのヒットを受けて「黄金中を持つ男」でカンフーアクションを取り入れたこともあり、そのときにウケてるものを日和見的に取り込んでしまうという節操のなさもこのシリーズも魅力なのかもしれません。

    映画としては、まず冒頭のスカイダイビングのアクションシーンが素晴らしい。宇宙空間のシーンも、荒唐無稽ではありますが、なんだかんだで緊張感があって手に汗を握ってしまう感じで、悪くはなかったです。2作連続で登場するジョーズがキャラ変して、恋人といちゃいちゃしたり、ボンドたちを助けたりするのだけが意味不明でしたが、あとは大体定番通りのストーリー。潜入したジェームズ・ボンドがすぐに捕まるのもいつものパターンだし、捕えたジェームズ・ボンドをすぐに殺さずに作戦を見学させたりする敵ボスの悠長さが仇となるというのもいつものパターンではあります。

  • シリーズ11作目。今度の敵対する組織は宇宙ステーションを作ってしまうくらいの巨大。思想信条は全く感じられない。公開された当時は気にならなかったのが今みるとオマヌケだったり滑稽だったりする。

    ボスがいてその配下、これが007の好敵手となりバトルをするわけだが、最初に日本人をモデルにしたと思わせる小太りの男がアッサリと倒されてしまう。

    次に登場したのがジョーンズ。前作に続いての登場。真面目に演じながらも何処かコミカルに見えてしまう。ある意味でボンド以上の存在感があるかもしれない。そのジョーンズがボンドの味方となりピンチを救ってしまう。最後にチョッとジョーンズ可哀想かもと思わせといて助かってしまう。

    シリアスさを求めない。どんなピンチにあってもボンドはやられない。モテモテのボンド。最後はハッピーに終わる。完全な娯楽映画なんだなと思いました

  • 前半はこれまでのムーアのボンド作品の背景だけ変わっているように見えてしまって面白くなかったんだけど、宇宙に行ってからは、荒唐無稽もここまで来ると楽しくてテンション上がった。いかにもな「スターウォーズ」の後追い感もなんだか可愛らしい。

  • ロジャームーア007の一番だな。ラストのジョーズと彼女のエピソードが、また良いんだな。宇宙戦争もガンダム並だし、CGが未発達の中で素晴らしい!

  • 10月21日鑑賞。007ことジェームズ・ボンドが、地球の人類を根絶やしにしようと企む悪人を追い、宇宙へ飛ぶ!!シリーズ最大のバカ映画とは聞いていたが・・・。どこのスターウォーズかと呆れ返る、あまりといえばあまりな宇宙へ無知な描写がかえって笑えて面白い。ヴェネツィアやリオデジャネイロの風光明媚さと、相変わらずのボンドアクションも楽しめた。どことなく漂うほのぼのムードは、ロジャー・ムーアの持ち味なのか?

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

007 ムーンレイカー アルティメット・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする