ジョゼと虎と魚たち [DVD]

監督 : 犬童一心 
出演 : 妻夫木聡  池脇千鶴  新井浩文  上野樹里  江口徳子 
制作 : 田辺聖子  渡辺あや 
  • アスミック・エース (2012年3月10日発売)
3.57
  • (37)
  • (30)
  • (95)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :220
  • レビュー :52
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126204211

ジョゼと虎と魚たち [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 数年前にDVD化されてすぐの頃、これを観た元夫から
    ジョゼがわたしのようであったと聞かされた。
    そして、ひとつだけ納得いかないことがあったと言った。
    「ジョゼと別れてしまうこと」。
    そして声を詰まらせたので、わたしは静かにそれを見送った。

    いつか、好きなおとこのひとが出来たら
    これを観ることにしようと思ってたから、
    今日、これを観た。

    物語に対しては
    おとこなんかきらいだ、だいきらいだ。
    としか、思わなかった。

    わたしが好きなおとこのひとについて、
    考える、わかるということはなかったけど

    わたしを好きなおとこのひとについて。
    想う、わかるということを、した。

    元夫の言葉や詰まらせた涙の意味について考えて、
    元夫はわたしを愛しているひとだったと思った。

    映画よりも、うつくしくてかなしい物語は、
    こころにあるものなのです。

  • タイトルは聞いたことあったんだけどね〜。田辺聖子さんだったか…。
    外出したことない彼女が彼氏に連れられて外の世界に行くようになったら、感動、感動、感動やろうなぁ。
    そんなに新鮮にあれやこれやに驚けるって羨ましい。
    あっちフラフラ、こっちフラフラは大学生男子の特権かな?
    いや~大学生でなくともフラフラできる人はいるな。それに振り回されたくはないけどね〜。それも青春か。

  • 2014.6.18(自宅)

  • 真面目な人が丁寧に作った映画だなぁと感じた。明快な比喩表現、ブレないストーリー。青春っていいなぁ。ただ上野樹里を見るとのだめを思い出してしまう。

  • 脚本が朝の連続テレビ小説『カーネーション』の渡辺あやさんと聞いてレンタル。

    外界と隔離された中で生きてきて、急に触れてしまった異性の優しさで、孤独が孤独になり、愛欲が生まれるジョゼが心に沁みた。
    後半の幸せな二人の情景も、永遠に続きそうなのにどこか儚くて、極微細に不協和音が聞こえるような。
    ラストはいろいろな意味で納得してしまう。まあ、そんなもんだよね。

  • 京都などを舞台とした作品です。

  • 池脇千鶴が◎

  • ずっと観たくて、やっと観れた。
    池脇千鶴すごい。
    珍しく原作よりいい映画でした。
    邦画がすき。

  • 監督 : 犬童一心
    2003年公開


    しがない大学生と、半身不随の不思議な少女の、不思議な日々のお話し。

    なんか切ないよね。
    なんかね。切ないんだけど、なんかうらやましい笑。
    のんびりと進む時間の中で、常に流れる壊れやすさと、
    不安というか、ざわざわした感じ。

    切ない!

  • 初めて見たとき、たまらない何かに襲われたのを覚えています。

全52件中 1 - 10件を表示

ジョゼと虎と魚たち [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする