黄金仮面の王―シュオブ短篇選集 (1984年) (フランス世紀末文学叢書〈2〉)

制作 : 大浜 甫 
  • 国書刊行会 (1984年8月発売)
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)

黄金仮面の王―シュオブ短篇選集 (1984年) (フランス世紀末文学叢書〈2〉)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 黄金仮面の王に統治され、虚妄の安寧に眠っていた王国に風穴を開けるのは一人の盲目の乞食だった。彼は預言者であるとも、神託を伝える者であったとも言える。王が仮面を剥ぐことは、即ち王国の封印を解くことであり、それはまた同時に禁忌の侵犯でもあった。真実を知ってしまった王は、自分で両眼を突き、盲目となって王国の辺境を彷徨うが、その姿はまさしくオイディプスにほかならない。この物語は、かくして神話的な世界を語るのだが、そこは光溢れるアポロン的なギリシャではなく、もう1つのギリシャ=冥府のディオニソスのそれである。

  • 山尾悠子「国書刊行会の三冊」より。

全3件中 1 - 3件を表示

黄金仮面の王―シュオブ短篇選集 (1984年) (フランス世紀末文学叢書〈2〉)はこんな本です

黄金仮面の王―シュオブ短篇選集 (1984年) (フランス世紀末文学叢書〈2〉)を本棚に登録しているひと

ツイートする