わが心の川 (1971年)

4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジェイムズ・ディキー『わが心の川』新潮社・絶版

    原題「DELIVERANCE」。救出、解放。

    憂さ晴らしと冒険心のため、渓谷へ川下りに出かけた4人のアメリカ人。途中で迷い込んだ森で、密造酒製造者らしき男二人との小競り合いから、森の男の一人を正当防衛で殺してしまう。

    荒れ狂う川に翻弄され、また逃がしたもう一人からの狙撃に恐怖し、4人は追い詰められていく。殺人という罪を犯したことに恐怖する男。森の男を殺すため森に踏みいる男。唐突な野生回帰に適応できず、命を落とす男。川は、流れの中に次々と死体を受け入れていく。

    人間の獣性があらわになり、都会の約束事が無効になる世界を描いた作品に、ゴールディングの傑作「蝿の王」がある。本作はそれを思い起こさせる。ただ、ややお目出度いマッチョイズムを感じさせる部分もある。それでも絶版にしておくには惜しい作。

全1件中 1 - 1件を表示

酒本雅之の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×