金沢 (1973年)

著者 :
  • 河出書房新社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 金沢住まいの妹に借りた本。
    1973年初版、河出書房新社発行。

    東京で店を営んでいる内山という男が本書の主人公です。
    商用で訪れた金沢に魅せられた内山は、金沢の地に空き家を購入し、時折東京を離れて金沢で過ごすようになります。
    出入りの骨董屋の紹介で出会った様々な人と酒を酌み交わし、談議にふける不思議な面会。
    いつのまにか時間も空間も溶けて混じり合い、浮世が遠ざかるような体験。
    内山とともになすがままにいざなわれていく、幽玄な金沢の町にくらくらします。

    登場人物たちの会話や、内山の味わう不思議な出来事の数々が、著者独特の冗長とも思える言い回しによってさらに現実から離れていくような感覚を味わいました。
    神仙の交流を眺めているような気持ち。
    さくさく読める文章ではないですが、その分ゆっくり時間をかけて文章のもたらす酩酊感に浸れる読書となりました。

    贅沢を言えば、長逗留の温泉宿とかで読みたかった…。
    いつかそんな機会に恵まれたら、持っていきたい本の1冊です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1912年東京都生まれ。作家・批評家。随筆や翻訳などでも幅広く活躍。おもな著書に、評論『文学の楽しみ』『ヨオロッパの世紀末』『時間』や、小説『金沢』『絵空ごと』『東京の昔』、随筆『私の食物誌』など。

「2018年 『ほろ酔い天国 ごきげん文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田健一の作品

金沢 (1973年)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする