燃えよ剣〈下〉 (1973年)

著者 :
  • 文藝春秋
3.90
  • (4)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  読んで良かった。再読なのだけど、後半にかけては、やはり、というか、
     何というか、感激して、泣けた。でも、以前ほど、血が沸き立つような
     感情には、及ばなくなってしまっていた。そのことには、少し、ほんのり
     少し、不思議な気持ちには、なったのだけど。

  • 華やかだった京時代が終わり、北へ北へと死ににゆく。結末がわかってるからこそ切なくて苦しくてぞくぞくする。函館行きたいな。


  • この本は下巻なしには語れない!

    何が良いって、ベタだけど、最後のせりふ。

    「世に生き飽きたものだけついて来い」


    …!!!!////


    もうこのセリフがあれば生きていけます。
    なんか、ここに司馬先生の凄さを見た。
    土方さんの人生・性格が凝縮されている。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1923年大阪市生まれ。大阪外国語学校蒙古語学科卒業後、産経新聞社に入社。59年「梟の城」で直木賞受賞。独自の史観を駆使し、戦後の歴史小説に新風を吹き込んだ。代表作は『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『翔ぶがごとく』など。93年に文化勲章を受章。96年に72歳で死去。

「2008年 『豊臣家の人々 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

燃えよ剣〈下〉 (1973年)のその他の作品

燃えよ剣(下) Kindle版 燃えよ剣(下) 司馬遼太郎
燃えよ剣 下 単行本 燃えよ剣 下 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

ツイートする