アンゴラ解放戦争 (1976年) (岩波新書)

4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1976.02.06読了)( 1976.01.24購入)
    *解説目録より*
    アンゴラ―日本の三倍の面積と六百万の人口、そして豊富な地下資源を持つこの旧ポルトガル植民地は、いま独立はしたものの、きわめて複雑な政治情勢の下にある。国際資本の策動に中ソ対立までからんで、三つの「解放勢力」間に武力抗争がつづいている。著者は、そのうち最大の大衆的支持を受けているMPLAから招かれ、その解放区で生活してきた。本書は多くの写真も加えて、独立への苦悶と期待に満ちた表情を生き生きと伝える。

    ☆アフリカに関する本(既読)
    「ピグミーの世界」酒井傳六著、朝日新聞社、1973.03.24
    「カラハリ砂漠」木村重信著、講談社文庫、1973.04.15

全1件中 1 - 1件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×