自由からの逃走 (1966年) (現代社会科学叢書)

制作 : 日高 六郎 
  • 東京創元新社
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間の歴史は自由が増大していく過程であると同時に、それによって、これまで安定感を与えてくれていた社会的紐帯(束縛)がなくなることによる不安が増大していく過程でもある。

    そして、人間の性格はその心理の内奥にある欲求(フロイトが定義したような)によって決定されるのではなく、フロムが「社会的性格」と名付けた社会との相互作用によって形作られるものである。

    フロムはまず、中世からルネサンスへの移行期に人間が解放されたことによって訪れた「不安」に、ルッターやカルヴィンの思想が応え、これまで外的(社会的)な制約によって支えられてきた人間の精神的な安定が、内面的な規制である倫理的な思想によって置き換えられていった流れを分析する。

    そして、時代が下り、近代における人間がそのような事態(中産階級に訪れた、資本主義による経済的な自由の解放)にどのように対処しようとしているかを分析する。

    その分析のツールとなる「逃避のメカニズム」として、
    ・権威主義:個人に欠けている大きな力を得るため外部の権威と自己とを同一させようとすること
    ・破壊性:外界に対する無力を乗り越えるため外界の脅威をすべて破壊しようとすること
    ・機械的画一性:個人が自分自身であることをやめ外部から与えられるパーソナリティを完全に受け入れること
    の3つを挙げ、人間が自由(のもたらす不安)からどのように逃避するのか、その仕組みを明らかにする。

    そのうえで、フロムは彼がこの本を著した最大の契機となったナチズムという当時の新たな社会的状況について、この分析を当てはめ、なぜナチズムが台頭するのかを明らかにする。

    ナチズムは、上記の逃避のメカニズムのうち、権威主義的な側面が強く現れた事象として語られる。そして、ここまでにフロムが解き明かした「自由のもたらす不安」とそれに対する「逃避のメカニズム」をもとに考えることにより、ナチズムはヒトラーの個人的性格や第一次世界大戦後のヴェルサイユ条約の不備に代表される経済的要因だけによって生まれたものではないということが明確になる。

    逆に、ナチズムを心理的要因のみのよって生まれたものと考えることも間違いである。心的な状態は社会との相互作用によって生まれるものであり、フロムはそれを「社会的性格」と呼んだ。

    この社会的性格と社会構造がダイナミックに相互作用することで互いを再生産していく様を明らかにしたということが、本書の非常に重要なところであると思う。

    ナチズムの台頭に対する大きな危機感を持ち、それを「自由への逃避」という人間の社会的性格の問題として構造化したということだけでもこの本の重要性は非常に大きい。

    しかしそれだけでなく、移動の自由、情報の流通速度の飛躍的拡大、資本主義のグローバルな拡大という新たな自由の波が訪れている現代において、どのような新しい社旗的性格が生まれ、社会の構造に変化をもたらすのかを考えるための視座を与えてくれるという意味でも、いまなお重要性を失わない名著であると思う。

  • [ 内容 ]
    現代の「自由」の問題は、機械主義社会や全体主義の圧力によって、個人の自由がおびやかされるというばかりでなく、人々がそこから逃れたくなる呪縛となりうる点にあるという斬新な観点で自由を解明した、必読の名著。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

エーリッヒ・フロム (Erich From)
1900年ドイツ・フランクフルト生まれ。フロイト理論にマルクスやヴェーバーを接合して精神分析に社会的視点をもたらし、いわゆる「新フロイト派」の代表的存在とされた。また、真に人間的な生活を可能にする社会的条件を終生にわたって追求したヒューマニストとしても有名である。しだいに、禅や東洋思想へも関心を深めた。
著書に、『愛するということ』『悪について』『生きるということ』『フロイトを超えて』『希望の革命』『反抗と自由』『人生と愛』『破壊』(以上、紀伊國屋書店)ほか多数。1980年歿。

「2016年 『ワイマールからヒトラーへ〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

自由からの逃走 (1966年) (現代社会科学叢書)のその他の作品

自由からの逃走 新版 単行本 自由からの逃走 新版 エーリッヒ・フロム

エーリッヒ・フロムの作品

ツイートする