自己分析―心身医学から見た人間形成 (1968年) (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 7/12 精神分析の優しい解説。特に目新しい所はない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

福岡県生まれ。九州大学医学部卒。1961年、九州大学に心身医学研究施設(後の心療内科)を創設して教授に就任。九州大学名誉教授(内科、心身医学)、北九州市立小倉病院名誉院長、日本心身医学会名誉理事長、国際心身医学会前理事長、日本自律訓練学会名誉理事長、自律訓練法国際委員会前委員長、日本交流分析学会名誉理事長などを歴任。1999年死去。著書『心療内科』『催眠』『セルフ・コントロール』『人間回復の医学』『ヘルス・アート入門』ほか。

「2019年 『内なる治癒力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池見酉次郎の作品

自己分析―心身医学から見た人間形成 (1968年) (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする