地球最後の日―他二篇 (1967年) (角川文庫)

4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【分解機(物質分解機)】大英帝国 VS 大ロシア帝国! 科学者による代理戦争!

     悪の科学者テオドール・ネーモル登場!
     シャーロック・ホームズにモリアーティ教授がいるように、チャレンジャー教授にはこのテオドール・ネーモルがいるのです!
     消すか、消されるか!?宿命のライバル対決は意外な結末に!!
     倫理学上の問題・課題に「トロッコ問題」というのがありますが、本作品の結末は「分解機問題(ネーモル問題)」として長く議論されることでしょう。
      https://sfklubo.net/the_disintegration_machine/
      https://sfkid.seesaa.net/article/481119793.html

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1859年スコットランド、エディンバラ生まれ。小説家。推理小説、歴史小説、SF、戯作など、多岐にわたる作品を残す。中でも「シャーロック・ホームズ」シリーズは、現代のミステリ作品の基礎を築いたとされる。1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得る。1930年没。

「2021年 『シャーロック・ホームズの事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コナン・ドイルの作品

ツイートする
×