青春―他一篇 (1965年) (角川文庫)

  • 角川書店
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 海に生きてきた男マアロウが、若き日の初めての長途航海の思い出を語る。曰く、
    (航海の中には)「人生の絵解きとなるように定められた/航海がある」。

     ボロボロの老朽帆船ジュデイア号は、ロンドン・テムズ河口を発ち、タイのバンコクを目指す。マアロウ青年は、海の男デビューとなるこの航海に、晴ればれとした思いで臨む。
     しかし、航海は苦難の連続。手始めは強烈な暴風雨。その後浸水が始まり、以後毎日、終日の排水作業。
     さらに積荷の石炭が自然発火して燻り始め船舶火災。懸命の消火作業を続けながらの航海。だが、粉塵爆発で船は大破。映像化すればさも壮絶だろう場面の連続だ。
     その後マアロウら乗員は小ボートに分乗して退避、漂流。
     それでも、若きマアロウは、救命ボートながら 初めて船長を任されたことが嬉しく、誇らしくてならない様子。

     若き日の武勇伝を回顧する語り口もあり、如何なる修羅場でも、楽観的で恐いもの知らず。悲惨さと無縁の明るく爽快な筆致。なるほど「青春」である。(そういうことか?)

全1件中 1 - 1件を表示

コンラッドの作品

青春―他一篇 (1965年) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×