幻化 (1965年)

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作品の舞台は鹿児島県枕崎市から始まり、坊津、終わりには熊本県の阿蘇山へと変わって行きます。筋書きもなく、上り調子なのか下がり調子なのかも分からない、言ってしまえば結末もない放浪小説(のようなもの)。東京の精神病院を抜け出した一患者の五郎という中年男性が過去の記憶を頼りにあちらこちらと行ってみたり。。。
    止めようもない時の流れに沿って、もやもやとした主人公の葛藤や、曖昧な出会いと別れ、そして朧な過去の記憶が入り交じっていて、とても神秘的で、《幻化》という言葉の似合った作品です。

    昭和文学全集にて読了。

    ※幻化(genke)とは-----
    幻と化。幻はまぼろし、化は仏・菩薩の神通力による変化。
    実体のない事物、また、すべての事物には実体のないことのたとえ。

    (2010.01.01)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九一五(大正四)年福岡市生まれ。小説家。東京帝国大学国文科卒業前年の三九(昭和一四)年に処女作「風宴」を発表。大学の講義にはほとんど出席せず、卒業論文は十日ほどで一気に書き上げる。四二年陸軍に召集されて対馬重砲隊に赴くが病気のため即日帰郷。四四年には海軍に召集される。復員の直後に書き上げた『桜島』のほか『日の果て』など、戦争体験をもとに人間心理を追求し戦後派作家の代表的存在となる。『ボロ家の春秋』で直木賞、『砂時計』で新潮社文学賞、『狂い凧』で芸術選奨、『幻化』で毎日出版文化賞。一九六五年没。 一九六九年三重県生まれ。文筆家。「大学在学中からフリーライターの仕事を始めるも、なかなか生計が立てられず、アルバイトで食いつなぎ、現在にいたる」というプロフィールを長く使い続ける怠惰ぶり。著書に『活字と自活』『書生の処世』『日常学事始』(本の雑誌社)、『閑な読書人』(晶文社)、『本と怠け者』(ちくま文庫)など。

「2018年 『怠惰の美徳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅崎春生の作品

幻化 (1965年)を本棚に登録しているひと

ツイートする