三文オペラ (1961年) (岩波文庫)

3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 古本屋さんで買ったのは旧版、
    俳優兼演出家であった千田是也訳ヴァージョン。
    キャラクターへの感情移入を基礎とする従来の演劇を否定し、
    出来事を客観的・批判的に見るよう観客に促す
    「叙事的演劇」を提唱した
    ドイツの劇作家ブレヒトの代表作で、
    ジョン・ゲイ『乞食のオペラ』を
    エリザベート・ハウプトマンの訳で読み、翻案したものである由。
    クルト・ワイルの音楽があまりに有名。
    警視総監と取り引きしながら無法を働く盗賊の首領が
    周囲の裏切りで絞首刑へと追い詰められるが、
    「え、何それ!?」という結末に。
    だが、そこで観客がポカ~ンとすることこそ
    ブレヒトの狙いだったそうで、
    当たり前のものに加工を施して違和感を覚えさせ、
    奇異の念を抱かせる――名付けて「異化効果」。
    見慣れた事物・事象が、ちょっとした手続きによって
    不気味なもの(unheimlich)と化すワケですね。
    そう考えると次々繰り出される滑稽なやり取りの数々にも
    笑えなくなるなぁ(笑)

  • 千田是也訳です。本当にこんなに昔の訳なのかと驚くくらい新鮮で魅力的。登場人物たちの息づかいまで聞こえてきそうです。久々に一気に戯曲を読みました。名作は退屈だと言うのは嘘みたいです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1898年生まれ。ドイツの劇作家、詩人。「叙事的演劇」を提唱して、劇団「ベルリーナー・アンサンブル」を創設し、二十世紀の演劇に大きな足跡を残す。1956年心筋梗塞のためベルリンで死去。代表作に本書収録作のほか『三文オペラ』『マハゴニー市の興亡』『肝っ玉お母とその子どもたち』『ガリレイの生涯』などがある。

「2020年 『アルトゥロ・ウイの興隆/コーカサスの白墨の輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ベルトルト・ブレヒトの作品

三文オペラ (1961年) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×