世界文学全集〈第64〉サルトル (1968年)壁・エロストラート・水いらず・出口なし・恭しき娼婦・狂気と天才・アルトナの幽閉者・トロイアの女たち

著者 : サルトル
  • 筑摩書房 (1968年発売)
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (466ページ)

世界文学全集〈第64〉サルトル (1968年)壁・エロストラート・水いらず・出口なし・恭しき娼婦・狂気と天才・アルトナの幽閉者・トロイアの女たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <トロイアの女たち>基本的にトロイアの戦いを知らないとワケワカメww読後調べました。
    敗戦した側の悲劇的台詞には本当に痛々しいものがあった。
    原作を脚色加筆したというけれど、う~ん、神々の報復を彷彿とさせるあたりなどはそうなのかしら。
    <出口なし>有名な作品だよね、題名が魅力的だし。
    でも同時に申命記を読んでいたため、サルトルの描く地獄の「甘さ」「楽さ」ばかりが感じられ、こんな地獄だったら進んで行きたい、と思う人もいるだろう。
    ダメだな、精神の苦痛には私おおよそ共感出来ないね。
    <恭しき娼婦>痛ましい話だ。映画化されて当然という作品かも。アラバマ物語や、奇妙な果実を思い出す。

    内容は確かに哲学的で一時代の流行はあったと思うが、私にとってサルトルは生涯抱えておくべき本とは思われない。ということで本書は廃棄の方向へ

全1件中 1 - 1件を表示

サルトルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

世界文学全集〈第64〉サルトル (1968年)壁・エロストラート・水いらず・出口なし・恭しき娼婦・狂気と天才・アルトナの幽閉者・トロイアの女たちはこんな本です

世界文学全集〈第64〉サルトル (1968年)壁・エロストラート・水いらず・出口なし・恭しき娼婦・狂気と天才・アルトナの幽閉者・トロイアの女たちを本棚に登録しているひと

ツイートする