どん底 (1957年) (角川文庫)

  • 角川書店
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロシアの古典作家は、みんな貴族階級出身なんだと思っていた。
    ドストエフスキーもトルストイもツルゲーネフもそうだったから。

    生きるのは一日だけでも本当に危険なことだ。生きるか死ぬかの境界線に立つ人間を救うのは、ありのままの真実だと思う。

    優しい嘘は、死ぬのを待つ人間にしか似合わない。

    真実も嘘も、正しさも過ちも、始まりも終わりも、人間に備わる全てはあらゆる人間に備わっている。

全1件中 1 - 1件を表示

ゴーリキイの作品

どん底 (1957年) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする