クリスマス・カロル (1952年) (新潮文庫〈第458〉)

制作 : 村岡 花子 
  • 新潮社 (1952年発売)
4.08
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (137ページ)

クリスマス・カロル (1952年) (新潮文庫〈第458〉)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストーリーはシンプルで、個人的にはとても好感持てました。
    文章自体は和訳のせいか、ややイマイチなのが残念。

  • この年にして初めて読んだ。
    この季節に読むのにピッタリ! クリスマスの本当の意味を伝えてくれるお話。しかもユーモアたっぷりに!
    毎年クリスマスシーズンになると読み返す人が多いというのも納得です。P14の甥っ子の言葉が印象的。
    「とにかくクリスマスはめでたいと思うんですよ。親切な気持ちになって人を赦してやり、情け深くなる楽し時節ですよ。男も女もみんな隔てなく心を打ち明けあって、自分らより目下の者たちを見てもお互いみんなが同じ墓場への旅の道連れだと思って、行き先のちがう赤の他人だとは思わないなんて時は、一年の長い暦をめくって行く間にまったくクリスマスの時だけだと思いますよ」

全4件中 1 - 4件を表示

クリスマス・カロル (1952年) (新潮文庫〈第458〉)のその他の作品

クリスマス・カロル (1952年) (新潮文庫〈第458〉)はこんな本です

ツイートする