罪と罰〈下巻〉 (1951年) (新潮文庫)

  • 新潮社
2.71
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1966.03.31読了)(1966.03.31購入)
    (「BOOK」データベースより)
    不安と恐怖に駆られ、良心の呵責に耐えきれぬラスコーリニコフは、偶然知り合った娼婦ソーニャの自己犠牲に徹した生き方に打たれ、ついに自らを法の手にゆだねる。―ロシヤ思想史にインテリゲンチャの出現が特筆された1860年代、急激な価値転換が行われる中での青年層の思想の昏迷を予言し、強烈な人間回復への願望を訴えたヒューマニズムの書として不滅の価値に輝く作品である。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ロシアの小説家、思想家。トルストイやチェーホフとともに19世紀後半のロシア文学を代表する文豪。

「2008年 『罪と罰 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドストエフスキーの作品

ツイートする