青白き裸女群像 (1950年)

著者 :
  • 名曲堂
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 22年前に失踪した娘が末期の天刑病(ハンセン氏病)の姿で帰還し、その期間地下宮殿で過ごした猟奇的な出来事を語った仏蘭西が舞台の『青白き裸女群像』、西班牙を舞台にした、美貌驕慢な妻と珍種の飼い犬との獣姦を知った夫の告白記『陰獣トリステサ』、試験管の中で人工的に人間を製造する悪魔的医学者の犯罪行為を墺太利と亜爾然丁を舞台に描く『妖花イレーネ』の3篇を収録した、忘れられた伝奇作家橘外男の作品集。

全1件中 1 - 1件を表示

橘外男の作品

青白き裸女群像 (1950年)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする