時をかける少女 限定版 [DVD]

監督 : 細田守 
出演 : 仲里依紗  石田卓也  板倉光隆  原沙知絵  谷村美月 
制作 : 筒井康隆 
  • 角川エンタテインメント (2007年4月20日発売)
4.10
  • (157)
  • (31)
  • (123)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 407
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4997766612508

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 青春のバカヤロー!
    切ない。でもそれがいいのかもしれない。
    後半のうまく回っていかなくなる感じより前半の明るい会話の感じとかが好き。台詞の言い回しとかセンスー!
    まあ、でもこの暗い後半があってこそのエンタメだから仕方ない。定期的に金ローでやってほしい。

  • この映画を見た、ってことが僕の人生の中でイベントになっていてそういう意味でも忘れ得ない作品です。
    高校生のとき、高校生が主人公の作品を見て、といういわゆる「青春」を感じたということを意識した映画です。とても大切です。ずっとこの映画を好きでいたいです。

  • 二度と戻らない時間の大切さが甘酸っぱく描かれてます。
    本当に大好きな作品!

  • 二度と戻らないこの時を、前向きに進む物語

  • 上田、尾道、横浜、臼杵などを舞台とした作品です。

  • 実は未だに特典ディスク見れてない…。久し振りに見たけど毎回泣かされる。大好き!

  • 青春とはまさにこのこと。
    時間を距離に置き換えている。
    もう会えないのに、「未来で待ってる」…。それでも、真琴はずっと走り続けるのだと思う。
    声優陣も彼らだったから良かったし、奥 華子さんの「ガーネット」「変わらないもの」は真琴、千昭それぞれの視点で唄っているんじゃないかなぁ。
    感動しました、大号泣ものです。

  •  最後で泣けてしまった。
     みなさんの思うとおり、主人公の愚かさには笑いつつも感情移入できず(しかしながら何処かで、こんなこともあるのかもしれない、とも思いました。ニンゲンは、こういった愚かさにはじぶんでは気づかないものですから)ただのギャグアニメ、ていどにしか考えていませんでした。
     ひと夏の思い出。それだけのハナシ。
     愛すべきヒトが消え去り、愛すべきセカイが揺らぎ、涙を落としてもなにをしても変わることのないイマ。

     監督:細田守

  • 真琴と千昭には幸せになって欲しい…!
    ラストシーンは号泣した。

  • 2007年の夏テレビ放送されたのをビデオにダビングして、
    その夏はテープが擦り切れるんじゃないかってくらい観ました。
    たぶん50回以上は観てると思いますw
    でもビデオだとCM入ってるし、画質も悪い。

    こんなに観るほど好きなんだから、もっと綺麗な画質で観たい。

    そう思った2008年の夏、誕生日プレゼントにこれを買ってもらいました。
    やっぱりビデオで観てた頃と変わらず、何回も何回も観てしまいました。

    限定版の特典で入っていたクワガタくんストラップは、
    使いすぎてストラップとしては使い物にならなくなってしまいましたが、
    今でも大事に取ってあります。
    フィルム・ブックマークは個人的に好きなシーンのものだったので
    大満足でした!

全68件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年富山県生まれ。91年東映動画(現・東映アニメーション)に入社。アニメーターとして活躍したのち、演出に転向。05年、東映アニメーションを離れ、フリーに。06年公開の「時をかける少女」、09年公開の「サマーウォーズ」、12年公開の「おおかみこどもの雨と雪」で数多くの映画賞を受賞。

「2018年 『くんちゃんのでんしゃノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする