ダーティ・メリー クレイジー・ラリー [DVD]

監督 : ジョン・ホッフ 
出演 : ピーター・フォンダ  スーザン・ジョージ  アダム・ローク 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012年5月26日発売)
3.35
  • (1)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142485922

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イージーライダーとはまた違う。ビック モローがリアルだ。

  • なんだか面白いのか、よく分かんない感じだったな~!画角っていう言い方が正しいのか分かんないけど、アップばっかりで映像的には安っぽく見えたりもしつつも、ラストのカーチェイスは迫力あったりして、良いのか悪いのかほんとよく分かんない!

  • メリーかわいい

  • ドキドキさせられるカーチェイス満載で、特にヘリコプターが出てくるシーンには唸らされた。ハイウェイをスピードいっぱいで運転する若かりしピーター・フォンダは、あの時代の象徴。あの衝撃的なラスト。ニューシネマらしい刹那的人生や滅びの美学には、わかっていながらも毎度唖然とさせられる。それがたまらないのだけども。ディーク役の俳優がダスティン・ホフマンに見えたのは私だけなのでしょうか。

  • カーチェイスが凄い。

  •  潔いカーチェイスムービー。 実写の手触りは迫力十分。

     それぞれの喪失を埋めるようにカーチェイスに興じる主人公たちの姿は、痛快ながらもやや切ない。
     刹那な人生観が前提にある雰囲気は「俺たちに明日はない」や「イージー・ライダー」からの流れを感じさせるが、結末もやはり。
     これが、刹那な人生には最も優しい終わり方なのかもしれない。

  • すべてのカーアクションはこうあるべきだろ!

  • カーアクションの名作。
    基本らしい。
    観たい!

  • ニューシネマ最高。スーザン・ジョージはこの時代、この手の映画にしては珍しくかわいい女優さん。
    当然ラストも最高です。

全12件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする