プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]

監督 : デイビッド・フランケル 
出演 : メリル・ストリープ  アン・ハサウェイ  エミリー・ブラント  スタンリー・トゥッチ 
制作 : ローレン・ワイズバーガー  アライン・マッケンナ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007年4月18日発売)
3.89
  • (489)
  • (527)
  • (575)
  • (32)
  • (9)
  • 本棚登録 :2424
  • レビュー :533
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142489623

プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本の女の子にこの作品好きの人は多いと思う。
    私自身、観るのは初めてじゃない。
    確か前回は吹き替えで観たような気がするから、
    少し新鮮な気持ちで観ました^^

    個人的にはこの映画、そこまで好きじゃない。
    私は"27dress"のほうが断然好み!
    理由は
    主人公にもその彼氏にもあまり魅力を感じないのと
    「悪魔」に対しても、そういう性格じゃ
    そこまでのし上がれないんじゃないの?
    って思ってしまうから。

    世間知らずの若造の想像なのかもしれないけど…。

    それに、主人公の友達も
    入社1年目って仕事に慣れるのに必死で
    主人公は必死にがんばってるのに
    そうやって変わっていく主人公を批判的に見るだけ
    っていうのがどうも腑に落ちなかった。

    確かに状況は皆一緒で彼らも彼らなりに頑張ってるんだろうから
    志望と違う職種に就職したくせにいつも仕事優先の主人公は
    彼らからすれば「???」と感じるのかもしれないけど
    なんだか、「友情ってこんなんだったかなー」と
    思ってしまうのです><

    ですが、目を惹く素敵なお洋服がいっぱいの
    華やかなお仕事のお話で
    私の場合、なんだか物欲が満たされます(笑)

  • そのままダークサイドに行くのもまた一つの生き方だとは思うが、引き返せたことでちょっと安心したのも事実。
    アメリカ(NY)社会って狂ってるよね、と思わせる作品がまた一つ。

  • 恋も仕事も頑張りたくなる作品。

    コンコルド広場に携帯を捨てちゃうシーンは、もう最っ高に気持ちよかった‼
    ラストは、なんだかんだ、いい職場でいい上司だったんじゃん!って、スカッとみれる。
    That’s all☆

  • DVD(英語字幕)

    押切もえに騙されて食わず嫌いしてたけど、すごいよかった!!!!
    めくるめくファッションにも目が離せないし、ミランダの演技が素敵。
    何といっても注目なのが、エミリーのアイメイクテクなのでした。

  • 最初は垢抜けないという設定だが、
    うちには最初っから綺麗に見えて、
    主人公が浴びる罵声がそのままこっちに来ましたわ。(イヤン。)

  • 服や出てくるモノが全然おしゃれじゃなかった。センスない。
    着方も古い。
    なんであの全然いけてないし仕事の応援もしてくれない彼氏を選んだのか不明。
    女心があんなもんやと思われるわ。
    メリルストリープは良かった。

  • TVで観ただけですが。
    この映画を大好きな人はたくさん周りに居て、
    その理由はすごく理解できる。
    だから、ただ私の好みに合わなかったかな。
    綺麗な人が綺麗な・可愛い服を身にまとって動き回る姿は
    とても目の保養になる。
    (ニューヨークの街をあんな風に闊歩する美しい女性って
    実在するのかな。どれくらいいるんだろう。気になる。)
    けれど、あれが、仕事が出来る女性の精一杯の描写なのか…。
    どうして悪魔に押し付けられる無理難題を解決しようとして、そしてできるのかが
    全く分からないから、共感できないし、憧れもない。
    (スタイル・美しさには憧れます!)
    何の理解もない彼氏にもね…。
    まぁ、主人公が何をしたいのか意味不明だから、
    理解も何もないけれど。
    素敵なお洋服とメリル・ストリープの美しさは文句なしでした。

  • ジャーナリスト志望の真面目なアンディは、畑違いのファッション誌に採用される。センスのかけらも無いとこき下ろされ、場違いな職場でしごかれながら頑張り抜き、だんだん洗練されていきます。ヴォーグ編集長がモデルのメリル・ストリープの役は貫禄があって面白い〜名演技!アンディの学生っぽい服装や甘い考えは普遍性があるかも。最初からかなり可愛いし、ブランド物を丸ごと借りて綺麗になるってねえ…?でも楽しく見れますよ。


  • シンデレラストーリー!!!
    私とお母さんのお気に入り

  • ・アン・ハサウェイがおしゃれでかわいくなるシーンは、見ていて気分が上がった。
    ・最後のミランダの愛情がいいね。
    ・仕事を一旦とことんやり切りなさい。すると次の道が開ける。と、そういうことなのかな。

    でも一点だけ。なんか女性であることの窮屈さも感じてしまった。
    作中でアンディがミランダのことを「男性だったら有能な人材と言われるはずだ」と言っているように、ミランダが女性だから悪魔のように描かれているけれど男性だったら称賛されるような描き方をされるだろうなと思ったこと。
    それから、アンディの彼氏。仕事も応援してくれないし、残業続きで拗ねるし、なんでこの人の機嫌を取らなきゃいけないんだろうって思った。男性の残業を女性が我慢するのは当たり前なのに、女性の残業には厳しいんだね。
    あとやたら口説いてきた男。結局身体を求めてるだけじゃん。なんで男が気持ちよくなるために女は身体を捧げなきゃいけないんだろう。もうそういうのは嫌だなあ。

全533件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする