初恋のきた道 [DVD]

監督 : チャン・イーモウ 
出演 : チャン・ツィイー  スン・ホンレイ  チョン・ハオ  チャオ・ユエリン 
制作 : パオ・シー 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2007年5月30日発売)
3.73
  • (70)
  • (81)
  • (84)
  • (20)
  • (5)
  • 本棚登録 :464
  • レビュー :82
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462041173

初恋のきた道 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 涙止まらず。
    けなげでまっすぐなディの姿に、私はこんなにも純粋に人を好きになってこれただろうかと反省する。
    先生のために一生懸命作った餃子を落としてしまうところは、
    胸が締め付けられるようだった。

    どんな人にも初恋の思い出があり、恋の記憶は若い人達だけのものではない。自分がディと同じ18歳頃に観ていたらこれ程の感動はなかったかもしれない。
    まっすぐに一途な恋がしたいとしみじみ感じた。

  • 身分違いの恋というと、劇的で激しくて、という印象でしたが、全然そんなことはない田舎の素朴さ全開の映画。過去の話に入ってからの画面の美しさと言ったら!!現在がモノクロだっただけに、余計村の紅葉やディの着ている服が色鮮やかで、はっとなる。
    最後まで通してみると、自由恋愛が許されなかった時代にどうやって気になる人を振り向かせるか考えた末、ストーカーと化した少女を青年も好きになる(まあ他に年頃の女性と出逢うこともないし)けど、またもや時代の荒波によって二人は引き裂かれるけど最後までその想いを貫き通す、というなんてことはないストーリーなんだけど・・・
    素朴すぎて身分違いの恋がそんなに大きな障害に思えない空気に感じた。ジブリの仮り暮らしのアリエッティみたいに、まず起こり得ないようなことが起こるのに、最後はちゃんと全てが日常に戻っていく・・・みたいな。その素朴さが逆に、ディのひたむきさや健気さ、可愛さを観ている側の心真っ直ぐに響かせ、ストーリー展開のシンプルさをもってして、観ている側を混乱させないようにしているのだろうか。
    でも、映画には描かれなかっただけで、結婚してからもいろんな苦労があったんだろうなあ。それを省いたからこそ、美しい思い出のままで残ったのだろう。

  • ずっと大切なひとがいて、そのひとが死んでしまったら残されたひとはどんな風に生きていけばいいのかと、今日友人のお葬式だったので更にそんな風に考える映画だった。食べ物の描写はどれも美味しそうだし、あと悪人は出てこないので誰でもみれるやさしい映画だと思った。

  • 学生の頃、先生のお薦めで見せられた作品。 初恋の話という事だったけど、後をつけるとかストーカーかよ…と引いてしまった事しか覚えめない…。

  • 普通のありがちなストーリーだと思うけど、なんかすごくいい。映像美?チャンツィーのかわいさ?

  • 2004年 視聴

  • ストーリー自体は極々素朴だが、美しい農村・自然の映像とチャン・ツィイーが味を引き出している。むしろ、この2つが揃っているからこそストーリーはシンプルで良かったのではないか。

    ジワっと心に染み入るような映画だった。

  • 単館系ブーム時代が懐かしく思い出される。張藝謀作品はこれを初めて観たんだったかな。章子怡デビュー作とは思えない繊細な演技していました。表情が良かったな。

  • 榮倉奈々って、チャン・ツィーに似てるんだなあ。

  • この映画の主演がチャン・ツィイーでなければ、気になる彼に自分の存在をアピールする女の子のふるまいといい、偽善的なストーリーといい、あざといだけの作品になってしまうのだけど、チャン・ツィイーのあまりの可愛さに、ついホロリと心を打たれてしまった。

全82件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする