世界最速のインディアン ゴッド・オブ・スピード・エディション [DVD]

監督 : ロジャー・ドナルドソン 
出演 : アンソニー・ホプキンス  クリス・ローファード  アーロン・マーフィー  クリス・ウィリアムズ  ダイアン・ラッド 
制作 : ロジャー・ドナルドソン 
  • ハピネット・ピクチャーズ (2007年7月27日発売)
4.37
  • (12)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953024991

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の誕生日に、
    映画館で見た最高の映画です。

    あまりにも良かったので、DVD限定版を購入しました。

    人間との関わりを大事にしたい。
    人の力を信じたい。
    そんな気持ちにさせてくれる作品です。

  • 人間味とパワー溢れるバートから元気が貰える映画。ニュージーランド大好きなので観たのが動機だけど、名作です。劇場で観て、DVD出た時に即買いしました。

  • いいです(*^_^*)

    ただのバイク映画とは違う、心温まる映画

    アンソニー・ホプキンスがまた以外にハマりますね♪

    いくつになっても、夢、目標は追い続けたい!

    真剣に継続的に目の前のことに取り組んでいる方がいれば、応援したくなりますよねヽ(^。^)ノ

    見終わった後の後味も、いい気持ちにさせて頂ける最高の映画です☆

  • 実在した伝説のスピードキング、バート・マンローをレクター・ハンニバル博士で有名なアンソニー・ホプキンスが演じている。

    バートは、60歳を過ぎてから二輪車のスピード世界記録を更新し続けた。
    その最初の渡米時のエピソードを、旅先で出会う人たちとのふれあいを交えて描いている。

    バートが出発前に隣家の少年から尋ねられた
    「なぜ挑戦するの?」
    という質問に対して、
    「挑戦しない人間は野菜と同じだ」
    と語る一言に重みを感じる。
    そして、絶対に夢を諦めないという信念が、周囲の人を突き動かし、不可能を可能に転じていく様は大いなる人生訓として全ての人に感動をもたらすに違いない。

    見終わった後のすがすがしさと感動は、言葉には代えがたい

  • アンソニー・ホプキンスが良い味出してます。爺様の、諦めない心意気が面白い。

  • 劇場でも鑑賞しましたが。本当に素晴らしかったです。
    --edit blogより引用--
    ※日本人の女性がプロデュースしてるんですよねぇ。それもしびれました。
    しみた〜
    泣いた〜
    あったかかった〜
    見る前まで『ストレイトストーリー』的な映画かな。って思ってたのですが、
    いやいや・・・。泣かされた。
    物語はバート・マンローという人の実話をもとしたロードムービー。
    ニュージーランドに住むバート。年金生活、貧乏老人。そして彼が愛するバイク(むちゃボロ)“インディアン”。
    バートはその愛車のバイクがいったい最高何キロだせるのか。その真実を知るべく63歳にして聖地である、ユタ州ボンヌヴィルを目指し、旅に出るわけです。
    ※ボンヌヴィル=湖が干上がった塩の大平原で、限界までスピードを出せる、モータースポーツの聖地
    そして、バートは聖地で愛車の“インディアン”の最高速度を・・・・。そんなお話です。
    旅の途中、バートと出会うさまざまな人、カルチャーを、いたって普通に描いていくんですが、そのひとつひとつのエピソードが、まぁ、ほんといいんです。
    私にとってはすべてがツボでした。一瞬、バートが、寅さんに見えたよ(笑)。

    猟奇的な役のイメージがあるアンソニー・ホプキンスですが、まったく違う一面を見せてくれます。
    これは、久しぶりに声を大にして全力でお薦めたい1本です。全世代対応型映画。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする