ドリトル先生不思議な旅 (スタジオ・クラシック・シリーズ) [DVD]

監督 : リチャード・フライシャー 
出演 : レックス・ハリスン  サマンサ・エッガー  リチャード・アッテンボロー  アンソニー・ニューリー  ピーター・ブル 
  • 20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン (2007年7月6日発売)
4.13
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142545428

ドリトル先生不思議な旅 (スタジオ・クラシック・シリーズ) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作の繋ぎ方がちょっと強引すぎる気が。テーマに一貫性がほしかった。

  • 偏屈なおじさん、ドリトル。
    動物とお話ができる。

    実写でたいへんなのは架空の生きもの。
    涙ぐましい努力のもとに映画ができあがることがわかる。

  • 動物の言葉が理解できるドリトル先生は、動物たち皆に頼りにされるお医者さん。でも、街の人々には変人扱いされていた。そして、ついにドリトル先生は動物の言葉が理解できるなどというウソの流言で人々を惑わせた(というようなことだったと思う)かどで裁判にかけられ、有罪とされてしまう。

    と、ここまでの展開は正直言ってあまり面白くない。しかも長い。子どもも当然飽きる。

    しかしここから物語は一転、ファンタジー一色になり、子どもも夢中に!

    収監される直前に動物たちの力を借りて逃げ出したドリトル先生は、協力者たちと船に乗って幻の「大海かたつむり」を探しに旅に出る。途中大嵐に遭って船は大破するが、浮島にたどりつく一行。ここで浮島に住む人々との間でさまざまなトラブルが起こるのだが、動物とコミュニケーションがとれるドリトル先生の大活躍で解決していく。この過程が非常にダイナミックで、子どもは大喜び!


    ラストまで大興奮のままストーリーが突っ走っていくので、子どもからは「またドリトル先生観る!」と何度もせがまれます。お勧めです。

  • リアルとキッチュのバランスが最高。クジラとかカタツムリがすごく可愛い!そして何でドリトル先生はあんなに男前なのか。

全4件中 1 - 4件を表示

ドリトル先生不思議な旅 (スタジオ・クラシック・シリーズ) [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ドリトル先生不思議な旅 (スタジオ・クラシック・シリーズ) [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする