アサシン クリード【CEROレーティング「Z」】 - PS3

  • ユービーアイ ソフト (2008年1月31日発売)
  • PlayStation 3
3.95
  • (23)
  • (16)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :130
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4949244001205

アサシン クリード【CEROレーティング「Z」】 - PS3の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ステルス系ゲームというかアクション全般苦手なんですが、アサシンクリードはものすごく楽しめました。
    基本の流れは現地で情報収集し、ターゲットを暗殺(私の場合殴り込みに近い)
    これを9人分するだけなのでとてもシンプルでわかりやすい。
    操作も初めこんなに沢山覚えられるかなーと不安だったのですがカウンターと投げナイフ投げてるだけでサクサク終わるので割と楽々。
    主人公がアサシンだけあって身体能力高すぎで俺TUEEEEできました。
    私は情報収集が大好きで、とりあえずマップのアイコンは全部解決してから先に進んでたんですが、敵が無限わきでは無いようでどんどん街から敵がいなくなるのが楽しくてひたすら高所から投げナイフ投げて暴漢からナイフをスリして…を繰り返したり、自警団の所まで敵を連れてきて片っ端から殺してました。もはやアサシンでは無い。
    ボスとかが強くてなかなか倒せなかったりもしたんですが、めちゃくちゃこまめにセーブしてくれるので直前からすぐにやり直せるのも超絶高評価。なんて私に優しい設計。
    グラフィックも凄く綺麗で高所から街を見回すのが凄くワクワクしました。何とかは高いところが好きってやつか…。

    過去の記憶の中のアサシン(アルタイル)で1話ずつ完結させつつ現代のストーリー(本筋)も進んでいくっていう海外ドラマでよくある構成も先が凄く気になる。
    現代の方は完結しなかったですが普通に先が気になりすぎるのでもう今すぐにでも2をやりたい。
    アルタイルも自分のしたことに向き合うあの姿勢が凄く好感持てるしかっこよすぎるだろ…。
    久々に睡眠時間ガン削りでプレイしました。めちゃくちゃ面白い。2も早く手をつけたいです!

  • 世界観と主人公は非常に魅力的でしたが三部作なのでストーリーは何一つ解決せず。
    売りであるフリーランは操作性が悪く誤操作が目立ち、戦闘も戦略性がなくストーリー進行が非常に単調です。
    そしてさらに音量バランスも悪いためイベント中に浮浪者の声が重要人物の声とかぶって聞こえないことが多々(字幕がないので何を喋ってるのかわからない)。
    1作目をやっていると2作目の面白さが少し変わりますが中東の町並みに興味がないといまいちな作品。

  • 最初にやりだした時はとにかく背景のグラフィックがリアルで美しいと思いました。
    自由度が非常に高く、自分のちょっとした行動が市民や番兵に影響するっていうシステムは緊張感があって好きでした。広大な街中を暗殺対象を追って密かに歩き回りながら情報収集する過程が楽しかったです。
    後半の標的を華麗に仕留めるのは慣れないとそれなりに難しいですが、上手いことブスリとできた時なんかはとても爽快です。
    主人公のアルタイルの声優さん(小西さん)が非常にハマっているし、戦闘も面白いので、アクションゲームが好きな人は気に入るのではないでしょうか。
    ただ、慣れてからの後半ややり込みは割と作業な感じもするため、やり込みたい方は根気がいると思います。

  • 面白かった。
    操作性や作業感バリバリな部分など、改善の余地がある部分はあるが、世界観や空気感はとても良い。
    真面目で硬派なつくりにも好感が持てる。

  • 番兵さんから逃げづらい・・・

  •  PS3用のアクションゲーム。これが初めてのPS3でプレイしたゲームということになるのですが、個人的には大正解でした☆ ゲーム性もさることながら、そのグラフィックや自由度など、PS3の良い面を体験することができまんた! ストーリーは一本道で、いわゆる「おつかいゲー」なわけですけど、自由に街を駆け巡るの、たっのし~♪ 文字どおり、街中を跳びまわれるわけですよ。すげーぜ、「フリーランニング」システム!

     実は、最終面近くで一度挫折していて、今回はしばらくぶりにプレイしてようやくクリア。とはいえ、その難易度に挫折したわけではなく、単純にやらなくなっていただけ。難易度は、僕にもクリアできたので決して難しくないんだと思います。3Dアクション自体、ほぼ初めてだったんですが、全然苦痛には感じず。そして、おそらく上手い人は、敵に見つからず、颯爽と「暗殺」をするんでしょうけど、僕みたいに正面突破のゴリ押しでもクリアは可能です(笑)。

     パッケージ等を見る限り、単純な歴史モノなのかと思っていましたが、マトリックス的な要素を多分に含んでおり、単純な歴史モノではなかった。その設定のおかげで、グラフィックにも効果的な演出が可能となっていて、そのへんの戦略、画像演出の巧みさに驚いた!
     ホントは、格好良くストーリーの解説とかもしたいんですが、世界史を全く理解できない僕としては、十字軍とかが出てくるこのストーリーを解説することはできません。ストーリーがわからなくても、面白い。いいことだね。


    ↓↓↓ここからエンディングの話。ネタバレ注意。





     ところで、エンディングは次回作を意識したものとなっていて、唐突に終わる。あまりの唐突さにポカーンとしてしまった。誰もいない部屋で、TVに向かって「ん?」って声を掛けるとは思わなかったな☆
     なんていうか、最近の映画とかでも、こういう続編意識の終わり方って多いよね。大抵、続編見る頃には忘れちゃうんだけどね。


    【対応機種】 プレイステーション3
    【ジャンル】 アクションアドベンチャー・ステルス
    【開発・発売】 ユービーアイソフト株式会社
    【出演】 小西克幸、東地宏樹、屋良有作、多田野曜平、園崎未恵 他
    【公式サイト】 http://www.ubisoft.co.jp/assassinscreed/ps3/index.html

  • 中東を舞台に十字軍とアサシン教団が繰り広げる秘宝の争奪戦。その過程でターゲットを暗殺していくのが大筋。操作方法はいたってシンプルなのでアクション苦手な方にもオススメです。
    操作性を特化させず、グラフィックに手間隙掛けているので町を走り回るだけでもかなり楽しめます!

  • さくさく進められるゲーム
    アクションが得意な人でなくてもタイミングさえつかめれば全然簡単に暗殺できます
    壁や屋根の上を走ったりジャンプしたりするフリーランはプレイする病みつきになりますよww

  • 買った当時17歳だったのになぜか買えました(笑)。

  •  もう、美しい出来です。完成度高いなぁと思います。エンディングを見てちょっとがっかりしましたが、3部作と後に知ったので、出来れば早めに続編を出していただきたいなぁと思っちゃいます。続きが気になる。
     暗殺者という職業で、戦闘も静かに気配を殺して一瞬で、ということもできたり回りを囲まれたり色々で、新鮮味があってプレイするのに面白かったです。

全11件中 1 - 10件を表示

アサシン クリード【CEROレーティング「Z」】 - PS3はこんなゲームです

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする