ウェス・クレイヴン’s カースド アンレイテッド・バージョン [DVD]

監督 : ウェス・クレイヴン 
出演 : クリスティーナ・リッチ  ジョシュア・ジャクソン  ジェシー・アイゼンバーグ  ジュディ・グリア  スコット・バイオ 
  • ジェネオン エンタテインメント (2007年10月24日発売)
2.71
  • (1)
  • (4)
  • (20)
  • (14)
  • (2)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102404635

ウェス・クレイヴン’s カースド アンレイテッド・バージョン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アダムス・ファミリーのクリスチーナリッチとソーシャルネットワークの男が兄弟役で出てる。

  • 人狼がテーマ。
    二人の姉弟はある晩事故に遭い、その折、何かに引っかかれたことでおかしな体質になってしまう。妙に身体能力が上がったり生肉を食べたくなったり、性的魅力が増したりしてしまい、姉は違和感を感じるように。
    そしてただ一人事故の晩見た動物が狼だと気付いていた弟は狼について調べるうち、自分達を襲ったのは人狼だと気付く。一体誰が人狼なのか?誰が自分達を襲ったのか?


    …関係ないけどアダムスファミリーに出てくる女の子が大きくなっても全然顔変わってなくて感激しました。話の筋としてはそんなに良いわけではないが冒頭の雰囲気は良かった。

  • 「午後のロードショー」にて。「スクリーム」「ラスト・サマー」みたいなティーンホラーかと思いきや、主人公がクリスティーナ・リッチ&ジェシー・アイゼンバーグというリア充とはほど遠い2人(しかも恋人じゃなくて姉弟)。なんかそこだけは好感が持てるw でも映画としては盛り上がりどころに欠けて凡庸か。

  • 狼もカッコいいし、ちゃんとした映画。
    学園ホラーってやつかな

  •  狼人間を題材にしたパニック・サスペンスです。呪いによって狼人間となってしまった姉弟が、元凶となった何者かを探すことになります。誰が犯人なのかを予想するのも楽しいですね。
     B級映画と嘗めてかかっていたのですが、なかなかに迫力がありました。狼人間に襲われるだけではなく、主人公たち自身がそれになってしまうという設定は斬新です。恐怖演出もしっかりしていて、見所が多いように思えます。
     ただ、一息吐ける場面が少なかったのは残念ですね。鑑賞中にずっと気を張り続けてしまい、肩が凝ってしまいました。

  • はじまりからなにまでB級映画っぽいね

  • クリスティーナリッチかわいい。

    こんな役もできるんだ。

  • 予想外

  • ついに呪い(カースド)は加速する!

  • 一部シュール。 姉ちゃんエロイ。

全17件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする