家庭教師ヒットマンREBORN!キャラクターデュエットCD「Sakura addiction/雲雀恭弥vs六道骸(六道骸編)」

アーティスト : VARIOUS ARTISTS 
  • PONYCANYON INC.(PC)(M) (2007年11月7日発売)
3.61
  • (40)
  • (16)
  • (100)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 188
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988013381544

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ソロ曲については何も言わないよ!\(^o^)/

  • 雲雀編よりこっち派。
    クフフークフフークフフーのーフー(六∀・)Ψ

  • 六道骸の歌声を聴けぇぇ!
    クーフーフーのーフー♪(魔力)

  • アニメ見てて、初めてこのED聞いた時は開いた口がふさがらなかった…「雲雀さんと骸が歌ってる!」rebornのアニメスタッフは毎回何を目指してるのか…。腐女子狙いなのか…?っていうか、「Sakura addiction」で興奮してたらカップリングの雲雀と骸のソロ曲で笑い殺された。おま、クフフのフって!!ソッコー着うた設定。

  • クフフ、ネスカフェ、提供。
    とりあえず、テンションがおかしい骸様。

  • 最初に聴いた時、唖然としました(笑)

  • クフフフフ(六∀・)

  • とりあえず思ったことは「骸自重」でした。
    物凄い電波ソングだと思います。

    くーふーふーのーふー。

  • クフフのフ〜僕と契約〜だが、これは良い電波ソング。最初のピコピコ音やサンバのリズム、歌詞のカオス、歌唱力やセリフ、素晴らしいとしか言い様がない。正直、ヒバリさんのひとりぼっちの運命はこの電波の前に押され気味だと思う。自分はこの曲で骸を好きになりました。なぜか頭の中に、下半身むき出しで歌う骸の姿が浮かんで来る不思議な曲。黒曜編からは基本的にシリアスだから電波はないだろ〜と思っていたが、日常編のシュールギャグが好きだった私には良い裏切り。しかし売り出し方が気に食わん。

  • 骸さんのキャラソン。

全15件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする