魔界戦記ディスガイア3(限定版) - PS3

  • 日本一ソフトウェア (2008年1月31日発売)
  • PlayStation 3
3.82
  • (4)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4995506001360

魔界戦記ディスガイア3(限定版) - PS3の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ4作目というだけあってシステム面では向上していてプレイしやすいんですが、マンネリといえばマンネリかなぁ・・・ストーリーも音楽も良かったですしメインシナリオも短めでプレイはしやすかったです。イラストのバランスとキャラの見た目の少なさがやっぱりモチベ上がらない理由かも。

  • PS3に登場したディスガイア。
    キャラメイキング等で使用する議会システムと、戦闘に関するシステムがこれまでのシリーズから大きく変更されています。
    特に「マナ(議会で使用するお金のようなもの)を支払って汎用技を習得する」→これまでのように武器を使い続けても習得出来ない
    「マナを支払って技を強化する」→強化すればするだけ効果範囲やダメージはUPするが、消費SPも増加
    「マナを支払って汎用特性を習得する」→付け替え不可の固有魔ビリティー(ユニットが常に持っている特性)と付け替え可能な汎用魔ビリティー(付け替え可能な特性)の存在
    「師弟関係による魔法の習得が事実上廃止」→師弟関係にあっても汎用魔法を伝承出来ない
    ……などという点は戦闘時の戦略性をよりUPさせていますが、これまでの作品に慣れ親しんでいると戸惑います。


    特に魔ビリティーの存在はユニットごとの特性をより顕著にし、差別化を図っていると同時に強弱をもはっきりさせてしまっており、第一線で使うのがちょっと厳しいかなぁと思わせるものも。
    それこそ愛があればどうとでもなりますし、育て方や使いどころにもよりますが。
    主人公チームより、エクストラステージのボスたち、DLCたちの方がどうしても総合的な能力が高いのはそれでもちょっと悲しいですね。


    ストーリーにふれると魔王の息子であるマオが父親である魔王を倒すために「勇者」になろうと決意し。
    魔界にやってきた自称勇者であるアルマース(実際にはただの近衛兵)と出逢う。
    勇者になって魔王を討ちたい”魔王の息子”と、勇者になって魔王を討ちたい”ただの人間”のお話。
    ディスガイアシリーズをプレイしていると「これは無印ディスガイアのもうひとつのかたちだなぁ」と思ったりするところも。


    さて。
    ディスガイア3の主人公は魔王の息子であるマオですが。
    アルマースもまた主人公。
    マオの姿を見てアルマースは成長し。
    アルマースの姿を見てマオは成長する。
    勇者に憧れていただけの情けないヘタレが、横暴なマオの言動に反感を抱きながらも、その胸の内を察し、その心を救うために本物の勇者になろうとする。
    孤独に囚われた友達のために。
    アルマースほど成長を見せるキャラクターも珍しい……
    その姿は紛れもなく”勇者”そのものです……

  • ようやく出た!て感じだったなぁ

  • ベリル可愛いよベリル。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔界戦記ディスガイア3(限定版) - PS3はこんなゲームです

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする