舞妓Haaaan!!! [DVD]

監督 : 水田伸生 
出演 : 阿部サダヲ  堤真一  柴咲コウ 
  • VAP,INC(VAP)(D) (2007年12月12日発売)
3.46
  • (151)
  • (286)
  • (436)
  • (93)
  • (22)
本棚登録 : 1736
レビュー : 309
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021128650

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サダヲちゃんが大好きなのでそれだけで楽しめた作品です(笑)
    表情や動きだけでも笑えます♪
    舞妓さんを愛してやまない主人公とその彼にフラれた腹いせに
    舞妓になろうとする彼女のドタバタコメディー☆
    オススメです♪

  • 後半戦、舞妓さんの成長ぶり以上に鬼塚さんと内藤選手の転身が華麗すぎて最後まで飽きることのない映画でした。

  • さすがの疾走感で強引に乗せられ、小ネタで脇をくすぐられながら、緩急に揺さぶられ、気付いたらエンディングでした。

  • 元気になったぁ〜。
    面白かった‼︎

    駒子ちゃん、可愛かった‼︎

    面白かった‼︎
    楽しかった‼︎

  • くっだらなくて、大笑い。

    好きなことのために頑張るって、
    純粋に好きな人を追いかけるって、
    心底馬鹿げていて、
    心底素晴らしい。

  • 2007年作品
    宮藤官九郎脚本
    水田伸生監督 

    鬼塚公彦(阿部サダヲ)と 内藤貴一郎(堤真一)の
    掛け合い漫才(意外とマッチしている)といったところか・・。

    医龍であやしい 麻酔医をした 阿部サダヲが
    舞妓オタクとして登場する。

    京都に行けば やはり舞妓さんなんだろうね。
    昨年3月に 舞妓さんの踊りを見せてもらって・・
    なるほど、京都は伝統を守り続けている・・・
    ということを理解した。

    京都の『一見さん おことわり』というシステムも
    日本的奥ゆかしさがあっていいとおもう。
    カネではない コネである・・・
    今は、中国人が多く、京都に行くので
    中国人相手 というのもありうるかもしれない。

    阿部サダヲの舞妓さんと野球拳をしたい 
    という・・・想いが
    東京から 京都への転勤をよろこび
    一見さんお断りに対して 社長が通っていることから
    社長の業績を上げれば といわれて 新製品の開発
    その商品のヒットによって やっと 座敷に入ることができるが
    野球選手 内藤貴一郎に負けたくないと・・・
    阿部サダヲも 野球選手 そのあと 格闘技の選手
    になる・・・

    とにかく、阿部サダヲがどんどん変身していくのがテンポが早い
    しかし、あまり変わっていないとところがあり
    現実にはこうはいかないだろうと思いながら 
    笑ってみているのもいい・・・
    映画とは 娯楽なのだ。

    駒子に 想いを寄せるが・・・
    駒子には 出生の秘密があった・・・
    それを明かしながら 
    内藤貴一郎は 京都市長になってしまうのである・・

    富士子(柴咲コウ)を 振った 阿部サダヲ・・・
    まさか 舞妓さんになっているとは思わないところが味噌だが
    変身した富士子にとことん気がつかない。

    物語のオチが どこに行くのか 悩んで勢いが失速
    最後は めでたく なかよく踊っておわり・・・
    阿部サダヲの京都の会社の上司が 生瀬勝久が
    歳をとるたびに 髪の毛が増えるのがいい。

    阿部サダヲの次回作に期待したい。
    植木等の 遺作 だった。
    飄々と歩くだけで 絵になりますね。

  • 面白かったー。阿部サダヲさんはすごいなぁ。ってか、主演しちゃってるのを初めて観た。舞台を見てみたくなりました。ってか、やってるのかな。
    柴咲コウさんがまさかで出てて、これまた面白かった。堤真一さんもさすがな感じで。

    しかし、今でもセレブな世界が存在するんですかね。中小企業社長とかが行ってるのかな。大企業も接待で使ったりしてるのかな。すごい世界に見えます。舞妓さん方もかわいかったなあ。あと、やっぱり言葉ですね。ステキ。

    というわけで、面白い映画でした!!

  • 阿部サダヲさんにとって初の主演作品で、クドカンが脚本。

    全体的に始めから最後までめまぐるしく展開するエンターテイメント感あふれる作品でした。
    ただそれだけじゃなくて、コメディなんだけど実はしっかりとしたストーリーや人の心の動きがあって、悔しいけどなぜかじーんとくるというクドカンらしい感じになっています。

    バカらしいけど味がある、いい映画だと思いました。

  • 面白い。阿部サダヲすごい!!のっけから、クドカンワールドへぐぃぐぃ引き込まれた。おちとかよく分からないけど、なんだか元気になる明るい映画。舞妓さんの世界の事もよくわかる。

  • クドカン作品。

    心底おバカな展開で見ていて清々しい。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする