そのときは彼によろしく スタンダード・エディション [DVD]

監督 : 平川雄一朗 
出演 : 長澤まさみ  山田孝之  塚本高史 
  • 東宝 (2012年6月4日発売)
3.15
  • (34)
  • (58)
  • (113)
  • (51)
  • (17)
本棚登録 : 481
レビュー : 97
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104044853

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すごく泣いた。現実離れしてはいるんだけど、なんというかみんなそれぞれにだれかを想っているようすが素敵。どこかでみんなつながっているとか運命みたいなものとか、ありえないのはわかるけど信じたくなる。それから映像がすき。あの秘密基地とかアクアプランツとか病院とか、これも現実的ではなかったけど、ほんとにきれい。大切な場面には必ず写ってた水草たちもすごくきれいだった。

  • 泣いて観たけど、後で調べたらそんな病気現実にはないってわかって萎えた(。-_-。)なんで現実にある病気にしなかった…?

  • 少年時代に出会った彼らの運命が
    いま、交錯する。
    水草専門店の店長「智史」の店に、トップモデル森川鈴音が現れて奇妙な同居生活が始まるが、実は鈴音は幼馴染の「花梨」だった。
    そんな中、もう一人の幼馴染「佑司」が入院しているとの電話が来る。そして・・・。

    いい話だ。
    塚本君の出番少ない。
    柴咲コウのエンディング曲は良い。

  • 眠りから覚めることが出来なくなる病と闘いながらも、女性として人を好きになり、愛する姿は頼もしかった。
    ラストは涙。ゆったりとした時間の中での二人の会話は水草が生息する小川のせせらぎのようでほっとした。

  • 「いま、会いにゆきます」を作った人だったんだ。

    市川拓司の作品って泣いてしまうわ…

  • この出演陣じゃなければ、
    興味も引かれない内容なのだが、
    逆効果だった。
    役が似合ってない。。。

    ストーリー的には、
    スタンダードで文句はそんなにないのに。。。

  • 途中まではぐだったけど、最後やっぱり泣きましたww山田くん若いー!!!(^q^)

  • ナルコプレスシーとかいう眠ると起きない病気と三角関係の話


    泣ける映画作ろう、、、って考えて、1番泣けるシチュエーション頑張って考えましたって感じ

  • どうしても納得しきれなくて
    色々な感想をネットで読んでみた。
    「ファンタジーの世界だ」と言われて
    ようやくしっくり。そう。ファンタジー。
    これは現実として見ちゃいけない。
    ”想う気持ち”の、夢。

    ふんわりしているのに、
    触ったらはじけてしまいそうな
    水色な世界観がたまらなく良かった。
    時間の流れをうまく感じ取れなかったのが
    ちょっと残念だったけれども。

    子どもたちがとても素敵。
    特に花梨役の子に引きつけられた。
    もうやっていないの?残念。

    最後の柴崎コウの歌声も
    結構マッチしてました。

    ええ、なにこれうまく行き過ぎ!を
    ファンタジーで許せる方には
    とってもおすすめできる映画です。

  • ★★☆☆☆
    ユメマボロシ
    【内容】
    小さなアクアプランツ店「トラッシュ」を経営している遠山智史(山田孝之)のもとに、ある夜、森川鈴音(長澤まさみ)と名乗る美しい女性が現れる。

    【感想】
    お伽話だな。
    まったく現実味が感じられない稀有な作品。

    2重構造になっているのに、1段目が長すぎるから2段目が長いエピローグみたいになってしまった。
    もう少し、"家族"の部分に触れないと2段目が死んじゃう。

    てか、リハビリはしないのか!?

    過去にもどる時とか時間を超える場面転換は上手だった。

全97件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

そのときは彼によろしく スタンダード・エディション [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする