幸福の黄色いハンカチ [DVD]

監督 : 山田洋次 
出演 : 高倉健  倍賞千恵子  桃井かおり  武田鉄矢  渥美清 
制作 : 山田洋次  朝間義隆 
  • 松竹ホームビデオ (2009年1月28日発売)
3.59
  • (6)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105055599

幸福の黄色いハンカチ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古き良き時代の日本定番映画です!!

  • 有名なので結末だけは知ってる作品。武田鉄矢や桃井かおりが出ているのを知りませんでした。高倉健、足ながっ!

  • 第1回日本アカデミー賞の受賞作ってご存知ですか?男はつらいよシリーズで名をはせた山田監督に主演が高倉健さんにヒロインが倍賞千恵子さん。それについに定年となる金八先生の初出演映画でもある

    「幸福の黄色いハンカチ」

    いま観直してみるといまの僕には何がいいのかさっぱり…寡黙なこと耐えることが男の美学のように書かれた作品にあまり共感できないんですよね~それなら劇中の中の武田さんのストレートな表現の方が好きなんですよね~

    最終的には倍賞さんの元へ帰るのだが、健さんが倍賞さんの元へ戻るということが、本当に自分のしたことを認めたという事で、それをウジウジして会いにいけないということは過去の過ちと決別する気持ちがないと思ってしまう。

    人生を前向きに歩いていくということに対して踏み出せない弱い人間にしか見えない…いまだと本当に微妙な作品です

  • 撮り方が好きだった。
    べたなのにオンオン泣きました。とはいえ最後のキスシーンは・・・不要かと・・・。

  • バイト先の先輩に誘われて、8号館で見る。マスターズオブシネマの講義の前座(と言うのかしら?)。話もテーマも分かり易くて良かった。このぐらいのテンポでハッピーエンドなのが一番いいと思う。認めたくないけど高倉健はたしかにかっこいい!

  • 桃井かおりも武田鉄矢もみんな若い

    物語の本編よりも

    得点映像で出てきた記念館の方が

    とても気になる。

  • 母親が好きな映画

  • めっちゃ好きや。携帯電話や便利なものがない時代につい引き込まれてしまった。そして、ゆるやかに流れていた時の流れさえも、いとおしく感じる。若者が会社辞めて退職金(そもそも出るとは思わなかった)はたいて当時の新車買って(当時はナウいつもりだけど、平成の今見るとダサいね)北海道に行く。ぶっ飛んでるね、きんやさん。

    メールなんてものがない時代だからこそ、黄色いハンカチが妊娠の目印として島勇作さんに伝えるメッセージにもなりえる。もう今の世の中にない、人情という温かさを感じる。メールは早くて確実な伝達手段だろうけど、ちょっと冷たい感じがする。

    勇さんの人柄も僕を虜にさせられた。不器用で、自分勝手で愛想のない男だけど、それが昔ながらの九州男児。


    心が洗われる、と、よく使われる言葉があるけど、心がタイムスリップできる、と僕は思う。当時を生きていない自分がその時代を体験できるこの気持ち。当時に思いを馳せながら、見れば画面に釘付けよ。


    今だから使われない言葉 この、イモ野郎  バカチョンカメラ

全9件中 1 - 9件を表示

幸福の黄色いハンカチ [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする