イン・レインボウズ

アーティスト : レディオヘッド 
制作 : レディオヘッド 
  • Hostess Entertainment (2007年12月25日発売)
3.70
  • (9)
  • (10)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4582214502663

イン・レインボウズの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 深く美しいサウンドスケープ 幽玄たる 深い記憶の奥底に潜っていくような忘我の感覚 ゲーテは長編戯曲『ファウスト』 堕落をうなが促す何者かの声 多義的なエンディング 恍惚とした歓喜と陶酔の真っ只中にいる 蕩けるようなドリーミーなサウンド 我々の弱さと怠惰さのメタファーに他ならない 最後の審判 世界という名のジグソー・パズル 上梓し続けてきた 失望と挫折の轍の果てに辿りついた確固たる希望 曖昧模糊 200711田中宗一郎

  • レディオヘッドは待ちに待った新譜!なにかと話題はいろいろありますが、私はやはりシンプルにCDが好きです。ジャケットとかアートワーク込みで、好きになるアーティストも多いですから。まだじっくり聞き込んでいないですが、一時期どんどん難解な方向へ行っていたのが、ちょっとポピュラリティのある方へ歩みよってくれてる感じ?前作までより、ぐっと聞きやすい気がします。 (2007)

  • なぜか発売当初から避けていた本作。発売から2年経った2009年末、今更聴いてみました。

    問答無用の傑作。久しぶりにライブが観てみたくなりました。

    itunesで配信されているスタジオライブ映像がまたかっこいい。

  • ♪ 15 step 

    白シャツ ペア

    (試聴は↓で)

  • 前作もレディオヘッドの集大成的作品だということが言われていましたが、今作こそが、レディオヘッドの集大成でしょう。まぁ、次回作が出たら、また同じことを言うかもしれませんが。(でも、次回作はまだまだ先でしょ?)

    全10曲中、どの曲もバラバラの印象を持つ作品ながら、そのどれもが、これこそレディオヘッドだ!っていうような曲達です。不思議と。

    「15 Steps」の変拍子のリズムプログラミングも、「Bodysnatchers」の壊れたノイジーなギターも、「Nude」の美しい旋律も、「Weird Fishes/Arpeggi」のトリプルギターアルペジオも、「All I Need」の静かなトーンでラストにかけてトラック数を増やしていく様も・・・どれもが正にレディオヘッド。
    これだけ、バラバラなことをやっているのに。ねぇ。

    だから、やっぱり今作はレディオヘッドファンの期待を裏切らない作品だと思います。
    ただ、残念なことに、これまで、ことごとくファンや音楽シーンの期待を良い意味で裏切ってきた彼らだから、逆説的に、期待を裏切らないっていうことが、逆に、期待を裏切ってしまったような感じもしちゃいます。
    わがままでしょうか。

    作品自体はすごく良い。
    あぁ、でも、良いんだけど、けっこうどの曲も短めであっさりと終ってしまって、もっともっといけるところまでいけるんじゃないかっていう感じもしますね。

    う〜ん、何故か否定的な文章になってしまったけど、それだけ作品が好きだからですよ。
    だから★5つ。
    だって、他のロックバンドのアルバムで、これだけ良いアルバムはなかなかありませんよ。

  • ライヴに行けました!

  • お元気そうで何よりです

全7件中 1 - 7件を表示

イン・レインボウズのその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする