遠くの空に消えた [DVD]

監督 : 行定勲 
出演 : 神木隆之介  大後寿々花  ささの友間  大竹しのぶ  小日向文世 
  • ギャガ・コミュニケーションズ (2008年3月7日発売)
3.12
  • (13)
  • (36)
  • (68)
  • (32)
  • (6)
本棚登録 : 308
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571147372559

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まず出演者が全て私好み。
    衣装や音楽も不思議でかわいらしい。日本であって日本でないみたいな。
    ファンタジーってのが伝わってくる。
    でも完璧ファンタジーじゃなくて、奇跡を起こそうとするところがいいかも。

    エンディング、コッコだし。

  • 内容は薄いのに無駄に長い
    音楽はとてもよかった

  • 友情物語。でも、ファンタジー。全体的に優しい話でした。ハッピーエンドでよかった。Coccoの主題歌がよかった。

  • オマージュですか?リスペクトですか?
    なにもかもが中途半端でつぎはぎだらけのポンコツ映画

  • 男の子だったら面白く見れたかな。

  • 子役の演技に感動!!!
    とってもほのぼのとした作品。
    ミステリーサークルを子どもだけで作ることができるのかどうか??と思いましたが、ま〜そこはよしとしよう。

  • いい空気、世界、舞台を見せてもらいました。

    僕には綺麗でピュアなファンタジーに映りました。

    とにかくこの世界観がたまらなく好きでした。

    役者にはずれがなかったのもよかった。

    また、音楽がとても心地よかった。

  • 宙ぶらりんでまとまりがないですね。面白そうな要素と沢山含めてあっただけに残念。

  • 【都会から田舎に引越してきた少年亮介、地元の悪ガキ公平、父親を連れ去ってしまったUFOの迎えを待つ少女ヒハル。友情という名の絆で結ばれあった三人。しかし、小さな田舎町は空港建設問題で揺れ、大人のいさかいに子どもまでもが巻き込まれていく。怪我を負ったヒハルの夢を叶えるために、少年たちは立ち上がった。】田舎町がユーモアに溢れていて前半は面白いのだが、後半になるにつれふわふわというか、なんかこう掴めない感じに変わってしまう。深読みすれば何か見えてくるのかもしれないが、そんなに深みがあるとも思えない。出来損ないの童話みたいだった。

  • あ〜、やっぱりダメだ、行定監督作品。神木くんとか、三浦友和とか、キャストはいいんだけど、描く世界観がいつもわからない。特にわけわからなかったのが、チンピラのトバの存在。ただ虚勢を張ってるだけで、邪魔だった。トバ役の田中さんは好きだけど。結局どういう話だったのか?育った自然を大切にしろと?

全49件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1968年熊本県熊本市生まれ。映画監督。演出家。2000年『ひまわり』で第5回釜山国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。『GO』で第25回日本アカデミー賞作品賞・最優秀監督賞を始め数々の映画賞を総なめにし脚光を浴びる。04年『世界の中心で、愛をさけぶ』が観客動員数620万人を記録。10年『パレード』は第60回ベルリン国際映画祭パノラマ部門国際批評家連盟賞を受賞。16年には『ブエノスアイレス午前零時』『タンゴ・冬の終わり』の演出において第18回千田是也賞を受賞。

「2017年 『きょうも映画作りはつづく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする