遠くの空に消えた [DVD]

監督 : 行定勲 
出演 : 神木隆之介  大後寿々花  ささの友間  大竹しのぶ  小日向文世 
  • ギャガ・コミュニケーションズ (2008年3月7日発売)
3.12
  • (13)
  • (36)
  • (68)
  • (32)
  • (6)
本棚登録 : 308
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571147372559

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 申し訳ないがよくわからない。
    きっと苦手な人にはどうにもダメだし、得意な人はなんだか感動して掴まれちゃうんだろう。パクチーみたいな。
    監督の名前で観ると失敗するのは確か。

    壮大な夢を見るとそれを他人に伝えたくなるけど、目が覚めて時間が経つほどに忘れるし、輪郭もはっきりしてないしなかなか難しくて。
    この映画は他人の夢を明確に映像にして見せられたみたいな気分。
    人は他人の夢にそれほど興味がないことに気付きました。

  • もっと感動ものかと思いきやコメディーっぽい感じでした。クラッシックな匂いを感じさせつつ異次元ぽいような?

  • 見所のシーン、印象的なシーンは結構あったけど、全体でみるとそこまで入りこめるほど、ではなかったかなあ

  • GEOでレンタルしたのだが、返却日が迫っていてチャラ観で済ませてしまったDVD・・・。失礼な観方をしてしまったと反省。これからは自分のキャパを考えて借りよう・・・。

    ささの友間の演技がとても光っていたのと、大竹しのぶがギャングの人たちを口論で一喝するシーンが印象的だった作品。
    居酒屋?バプ?の場面は全般的に雰囲気が出ていて、個人的には好きな場面だった。
    「蜂は本来飛べる仕組みでない。なぜ飛べるのか。飛ぼうとしたから飛べたんだよ。」
    この文章が(言い回しはちょっと違ったかな?)すごくよかった。この作品のコンセプトというかメッセージがこの文にうまーく表されている。

    ちょっと生意気なことを言うと、キャストがあまり気に入らなかったのと、きっと原本を読んだ方が心に響くだろうなと思った。ほかには、子ども達3人の隠れ家のシンボルマークはなぜ印刷したものを使ったのかということも気になった。あそこは手書きですべきだった。

  • 内容は薄いのに無駄に長い
    音楽はとてもよかった

  • オマージュですか?リスペクトですか?
    なにもかもが中途半端でつぎはぎだらけのポンコツ映画

  • 子役の演技に感動!!!
    とってもほのぼのとした作品。
    ミステリーサークルを子どもだけで作ることができるのかどうか??と思いましたが、ま〜そこはよしとしよう。

  • 【都会から田舎に引越してきた少年亮介、地元の悪ガキ公平、父親を連れ去ってしまったUFOの迎えを待つ少女ヒハル。友情という名の絆で結ばれあった三人。しかし、小さな田舎町は空港建設問題で揺れ、大人のいさかいに子どもまでもが巻き込まれていく。怪我を負ったヒハルの夢を叶えるために、少年たちは立ち上がった。】田舎町がユーモアに溢れていて前半は面白いのだが、後半になるにつれふわふわというか、なんかこう掴めない感じに変わってしまう。深読みすれば何か見えてくるのかもしれないが、そんなに深みがあるとも思えない。出来損ないの童話みたいだった。

  • あ〜、やっぱりダメだ、行定監督作品。神木くんとか、三浦友和とか、キャストはいいんだけど、描く世界観がいつもわからない。特にわけわからなかったのが、チンピラのトバの存在。ただ虚勢を張ってるだけで、邪魔だった。トバ役の田中さんは好きだけど。結局どういう話だったのか?育った自然を大切にしろと?

  • キャストもすばらしいのに残念な作品。
    子供向けなのかな?

著者プロフィール

1968年熊本県熊本市生まれ。映画監督。演出家。2000年『ひまわり』で第5回釜山国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。『GO』で第25回日本アカデミー賞作品賞・最優秀監督賞を始め数々の映画賞を総なめにし脚光を浴びる。04年『世界の中心で、愛をさけぶ』が観客動員数620万人を記録。10年『パレード』は第60回ベルリン国際映画祭パノラマ部門国際批評家連盟賞を受賞。16年には『ブエノスアイレス午前零時』『タンゴ・冬の終わり』の演出において第18回千田是也賞を受賞。

「2017年 『きょうも映画作りはつづく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする