遠くの空に消えた [DVD]

監督 : 行定勲 
出演 : 神木隆之介  大後寿々花  ささの友間  大竹しのぶ  小日向文世 
  • ギャガ・コミュニケーションズ (2008年3月7日発売)
3.12
  • (13)
  • (36)
  • (68)
  • (32)
  • (6)
本棚登録 : 308
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571147372559

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世界観や演技が好みでした。
    大後寿々花が声といい登場シーンといいジブリのヒロインかと思ったのは、たぶん私だけだと思いますが、いい存在感だと思いました。
    伊藤歩が木村文乃に似てると思ったのも私だけかな?

  • 神木隆之介と大後寿々花という二大子役によるファンタジー。
    意見はわかれるだろうけど総じてぼくは良かったと思う。
    のだけど、なんともわだかまるものがあるも事実で、すっきりしないなにかはなんなのだろうか。

  • 舞台は架空の田舎町、時代は昭和?空港建設反対運動を行うその街に東京からやってきた転校生。村の少年と仲良くなるが、転校生の父親は建設を進めるために村へ来たのだった。昭和モダンな音楽と光のきれいな映像がとてもよかったです。神木龍之介くんをはじめとする子供たちがとても自然体。実話のようなファンタジー。UFOを呼ぶ少女、隕石と天体望遠鏡、靴の跡、月の満ち欠け、爆竹イタズラ、蜂がどうして飛べるのか、伝説の生物ヌスケ、満月の作戦、街のギャング、鳩とアカホシと弟…物語も音楽も明るいけどどこかノスタルジック。

  • 何かを無くした者たちが自分を立て直す。奇跡を自ら起こすことで。夏休みに推薦の一本です。

  • あの多国籍ぐあいが何ともいえず良い!
    ばかばかしくて信じられないけど、心のどこがで信じたいと思ってる人たちの物語。
    ファンタジックでありつつ、理想だけに流されないバランス感覚。素晴らしいね。

    牛乳屋の息子が良い感じ。彼にはすごく維新派的なものを感じるね。
    神木くんも相変わらず可愛いです。
    ヒロインはあの年であの色気はやばいわ。アリエッティか!!

  • まず出演者が全て私好み。
    衣装や音楽も不思議でかわいらしい。日本であって日本でないみたいな。
    ファンタジーってのが伝わってくる。
    でも完璧ファンタジーじゃなくて、奇跡を起こそうとするところがいいかも。

    エンディング、コッコだし。

  • 友情物語。でも、ファンタジー。全体的に優しい話でした。ハッピーエンドでよかった。Coccoの主題歌がよかった。

  • いい空気、世界、舞台を見せてもらいました。

    僕には綺麗でピュアなファンタジーに映りました。

    とにかくこの世界観がたまらなく好きでした。

    役者にはずれがなかったのもよかった。

    また、音楽がとても心地よかった。

  • これも行定勲監督作品!
    これ、予告編も見たことないまま
    行定監督の作品だ、ってだけで借りてみたんだけど
    結構良かったなあ

    神木隆之介君だっけか、彼もよかったけど
    ささの友間君、彼の少年らしさ、良かったなあ


    お父さんの仕事、友達との関係
    その板挟みで苦しくなる物語かと思いきや
    案外そうでもないのね

    でもこの作品、テーマが多すぎやしないかしら、と思った
    家族、少年の成長、大人の不条理な世界、田舎の密着した世界、友情、繰り返される諸行無情、ってうそうそ
    繰り返される友情の連鎖とか

    私には多すぎたなあ

    予告編には、少年の成長
    それがメインにフィーチャーされてたけどね


    小日向さんもよかったなあ
    三浦友和さんも



    あ、そうそう、空港のとこで
    最初は空が曇ってたのに
    最後には晴れてた、ってか夕陽がさしてた?
    それにはどういう意味があるんだろうな


    また観たいなあ

  • 行定うまし。
    出演者豪華すぎです。

    個人的にはきょうのできごとにも出ていた、三浦誠己も出ていたことに大感激でした。
    いやーかっこよか。

    白のワンピが似合う女子になりたいです。

    そしてこの作品、みんなの服が可愛すぎ。

著者プロフィール

1968年熊本県熊本市生まれ。映画監督。演出家。2000年『ひまわり』で第5回釜山国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。『GO』で第25回日本アカデミー賞作品賞・最優秀監督賞を始め数々の映画賞を総なめにし脚光を浴びる。04年『世界の中心で、愛をさけぶ』が観客動員数620万人を記録。10年『パレード』は第60回ベルリン国際映画祭パノラマ部門国際批評家連盟賞を受賞。16年には『ブエノスアイレス午前零時』『タンゴ・冬の終わり』の演出において第18回千田是也賞を受賞。

「2017年 『きょうも映画作りはつづく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする