象の背中 スタンダード・エディション [DVD]

監督 : 井坂 聡 
出演 : 役所広司  今井美樹 
  • ポニーキャニオン (2011年10月17日発売)
2.98
  • (9)
  • (14)
  • (56)
  • (22)
  • (6)
  • 本棚登録 :186
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013474444

象の背中 スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何度も涙腺が崩壊しそうになった。いつまでも生きられるわけじゃない、時間は大切にしないといけない。などなど、ありきたりな感想を抱いた。今井美樹さんの演技素晴らしいですね。
    しかし、しかし、不倫設定いりますかね???今ひとつ、その設定も活かされていなかったような気がしますし、かなり余分な要素だったと思います。脚本が秋元康だから?!

  • \ 遺していく者、遺されし者 /




    公開当時、劇場観賞。

    役所さんと今井美樹さんの夫婦は、やや出来すぎの勘が無きにしもあらず。

    癌で余命宣告をうけた夫を、ホスピスに入れて穏やかな最期を迎えさせようと努める。

    役所さんが兄役の岸部さんに、「(死んでしまうこと→)ほんとは怖いんだよ…」と本心を洩らすシーンに、もらい涙があふれた。

    『象』は己の死期を予知すると、群れから離れ立ち去っていくと、以前どこかで聞いた。弱って動けなくなった体で群れに居続けることは、猛獣の餌食として狙われ、仲間の足手まといになるからだとーーー

    タイトル『象の背中』は、その意味で何とも哀しげであるが、本作の主訴を見事に捉えたネーミングであると思った。

    砂浜でのラストシーン…
    目に浮かんでは消え行く。。。

  • 象は、自らの死期を察知した時、群れから離れ、死に場所を探す旅に出るという。

    まさかのやすすの映画!
    主人公のお父さんは象とは逆でみんなに看取られ死ぬ道をえらぶ。

  • 余命半年の最高のすごし方。
    美人の妻がいて、優しい息子がいて、かわいい娘がいる。さらに愛人までいる。立派な一戸建てに住み、大きな仕事を任され。

    最後に会いたいひとに会いに行き、謝りたい人に謝る。

    すべてが理想な最後。

    ここまで毒が一滴もない映画は久しぶりでした。

    こんな人生の最後をすごせるなら最高だろうな。

  • なんてできた奥さんなの・・・
    それぞれのエピソードに感動したけど
    やっぱり愛人のことがずっとひっかかった
    いつ修羅場がくるんだろうと思ってたら 幸せな最期を迎えて
    しまったよ・・・ モヤモヤ

  • 以下、ある程度のねたバレあり。

    余命半年の人間がどのように生きるのかという話はあちらこちらにたくさんあるような気がする。問いかけられるものがたくさんあるから、人生について考える一種のシミュレーションになるのは確かだからだろうと思う。現実ではなく、物語として鑑賞するのなら、「どういう人を殺すか」がポイントにならざるを得ない。

    そういう点でどうしても共感しずらかったのは、ぼくには、主人公があまりにも恵まれているように見えたからだ。順調に仕事をこなす有能なサラリーマンで、部下にも上司にも仲間にも恵まれている。美しい妻と気持ちが通じる子どもたちがいて、男として父親として尊敬されている。優しく物わかりのいい愛人までいる。死を前にしても見えてくるのは優しく暖かい風景ばかり。そうでない部分も若干描かれるけど、それすら赦しの空気に包まれる。ほぼ最高の瞬間に終わるし。


    この映画の物語をつくった人は、何を伝えようとしていたのだろうか。別に不幸な人の物語を観たいわけではないけれど、これではなんだか、甘みだけの流動食を食べているようだ。正直、あとで思い返せば思い返すほど、納得出来ないのである。

    ただ、役者は達者だったし、映画としての作りも悪くなかった。観ている間は、それなりにジンとしながら楽しめていたのは確かである。

  • だいぶ前にテレビでやってたのを録画していたものをようやく見る。ある程度内容は知っていたけど、何つーか、非常に裕福な家庭のお話だよね。専業主婦と思われる美人妻(夫のおかげで編集の仕事に復帰した、というエピソードがあったけど)、息子と娘。息子の顔、どっかでみたことあると思ったら、塩谷瞬だった。これに出てたんだ。しかし、こんな絵に描いたような家族を持ちながら、愛人ももつかねぇ。娘にウソ言いやがって。まぁあそこでほんとのことを言われても困るだろうけど。何か、美談的な印象だったけど、経済力に裏打ちされたもの、って感じだった。ひがみ根性かなー。

  • 人生で何が大事か改めて考える。役所と岸部のベンチで西瓜を食べるシーンは秀逸。

  • こんな映画を見ると、もしも自分が余命半年と言われたらどうするだろうと、自分に置き換えて考えてしまいます。

  • 泣けた
    自分だったらどうするだろう
    愛人がいたのは腑に落ちないが

全45件中 1 - 10件を表示

象の背中 スタンダード・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする