子猫の涙 ラストファイト スペシャル・エディション [DVD]

監督 : 森岡利行 
出演 : 武田真治  藤本七海  広末涼子  紺野まひる  山崎邦正 
  • 角川エンタテインメント (2008年6月13日発売)
3.42
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111285300

子猫の涙 ラストファイト スペシャル・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人生の勝ち負けは他人が決めるもんやない
    自分で決めるもんやと、爺ちゃん

    娘の男を見る目はあった

  • 1968年 メキシコオリンピックの銅メダリスト
    森岡栄治の 物語。
    森岡栄治 1946年生まれ 
    アマチュア時代は 138戦128章 72KO。
    日本選手権 4連覇・・・
    2004年 食道がんで永眠 59歳
    監督は 森岡栄治の甥 森岡利行。 2007年作品

    森岡栄治(武田真治)の娘の視点で 語る。
    大阪弁というのはなんと優しい言葉なのだろう。
    ボロクソにいっても 想いがあっていいなぁ。

    娘治子(藤本七海)から見ると 親父は 『エロ親父』。
    自分の半分が、父親のものだとおもうと・・・
    切なく、泣けてくる。

    『人は生まれたときに一生が決まっている。
    人生 なるようにしかならへん』という森岡。
    オリンピックでは 実績を残したが
    プロに転向してからは 十分な実績を残すことができず
    網膜はく離で 引退。
    その後は、高校のコーチや ボクシングジムをしながら・・・
    嫁(紺野まひる)に愛想つかされる。

    そんなところに・・・広末涼子が転がり込んできて
    おかあさん となる。
    治子はそんな母親に 抵抗する。

    サラ金から金を借りて 広末のクラブを開く
    サラ金から追いかけられる・・・
    兄から預かった偽造株券で逮捕されたりする・・・

    治子の『おかえりなさい』という言葉がすがすがしい。
    森岡栄治を演じる武田真治の好演が光る。
    森岡栄治への想いが丁寧に描かれている。
    治子の 表情が 豊か。

    武田真治の身体は、鍛えてあり・・
    脳が筋肉でできている肉体派を演じるとは驚いた。
    ボクサーの役をやるには 身体が鍛えていない限り
    やることはできないので・・
    ボクシングの映画はもっと 魅力的なものができると思う。
    どつきあうことが スポーツに昇華しているので。

    ボクシングをなぜするのか?
    娘の治子が質問した時に
    迷った発言をしたことを 
    治子は そんな父ちゃんが嫌いだ と言い切ったのが
    治子の父親への想いがつたわる。

  • 子役の娘がヨカッただけに、大人になってからがチョット残念....

  • なんと言われようと親子ものはグッときてしまう。
    父親のせいで娘である女の子が虐められるシーンで、それまで気の弱かった男の子が助けに入るんです。自身も虐められていたような気の弱かった男の子が。その男の子を変えたきっかけになったのはダメ親父。でもそんなダメ親父を認めたくない娘。
    広末涼子の「しんどいのはあんただけじゃないんよ」というセリフは、子供が理解するのは難しいかもしれないけど、いつか理解できる年になった時の下味になったと思うし、あれをきっかけに親子になれたのだと思う。

    でも成長して大人になった時の女優さんが、宝生舞だったのはなんだかがっかりした。久しぶりにあった好きだった子が、変わってしまったような感じ。

  • 子役の子が異様にかわいいです。武田真治の体の作りこみっぷりがすごい。あとほーせーさんすごい良い。大人時代は無理があったなぁ笑。

  • メキシコオリンピックで銅メダルという栄光をつかみながら、
    プロでは花開かなかったボクサー「森岡栄治」の
    引退後のダメダメ人生を娘「治子」の視点で描かれた本作品。

    いい映画です。

    素直じゃない、まがった、ゆがんだものかもしれませんが
    愛にあふれた映画です。

    久しぶりに大阪のあほなおっさんを描いた映画でいいものに出会いました。

    ちょっとびっくりしたのが「山崎邦正」
    いい演技してます。
    お笑いより才能あるんじゃないの?
    と、思えるぐらいでした。

  • 制作年:2007年
    監 督:森岡利行
    主 演:武田真治、藤本七海、広末涼子、赤井英和
    時 間:97分
    音 声:日:ドルビーステレオ


    オリンピック後にプロに転向するも、網膜はく離により引退。
    さまざまな職を経てジムを開き、第二の人生のリングでも波乱に満ちた日々を生きた栄治。
    仕事は長く続かず、喧嘩っ早くて女好き。
    そんな愛すべきダメ親父の姿が、正義感あふれるおてんばな娘・治子の視線で綴られている。
    『子猫の涙』はひとりのボクサーの真実の物語であり、父の思いを知り、受け止めることで成長していく少女の物語でもある。

全8件中 1 - 8件を表示

子猫の涙 ラストファイト スペシャル・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする