ドラマCD 陽だまりのピニュ

アーティスト : ドラマCD  能登麻美子  白石涼子 
  • Frontier Works Inc.(PLC)(M) (2008年8月26日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4580143036730

ドラマCD 陽だまりのピニュの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夢にも思っていなかったピニュ、ドラマCD化!
    思わずフライングゲットであります。

    …が、このCDほど事前に情報がわからなかったアイテムもなく…
    ボーナストラックが「アミルの歌」(2巻以降に登場)だといいなぁと思いつつゲッツ。
    残念ながら(と言ったら失礼か)声優さんのコメントでした。

    内容は1巻メインですね完全に。
    1巻の「マルちゃん」大暴れのミスコンが大幅に膨らんでました(大笑)…てか
    ほぼこの部分オリジナル。
    マルちゃんと長肋さんが大暴れしてます。何かメイン4人より目立ってないか?

    ここからネタバレ
    →ミスコンの結果が残念!原作のがよかったよー。(皆ピニュの名前が正しく書けなくて無効票になったという…)あとトーリが「やわらかそうで賞」とか…コレは裏ジャケにいるトーリ君が原作1巻の頃のようにポチャってないので(最初は彼はちょいデブだったのです…とある事情で(大笑)仕方ないか。←

    声のイメージのほうは、
    ピニュ、湊、久慈君の3人は完璧すぎました…自分で脳内変換してたイメージに合いすぎ!
    ピニュの声は1番気になってたので、能登さんとはお見事。
    トーリ君は、えらい綺麗な声で…ポチャってないし、原作当初のトホホなイメージから、最近のダイエットして(笑)精神的にも成長した彼のカッコイイイメージでないすか。

    内容は最高でしたが、「アミルの歌」が物凄く聴きたかった(実はピニュドラマより(ぇ)
    ので★マイナスです…

全1件中 1 - 1件を表示

ドラマCD 陽だまりのピニュはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ドラマCD 陽だまりのピニュを本棚に登録しているひと

ツイートする