ル・ディヴォース/パリに恋して [DVD]

監督 : ジェームズ・アイヴォリー 
出演 : ケイト・ハドソン  ナオミ・ワッツ  ティエリー・レルミット  メルヴィル・プポー  ロマン・デュリス 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008年10月24日発売)
2.44
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142700827

ル・ディヴォース/パリに恋して [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 当時24歳のケイト・ハドソンを見ながら今の方が可愛いなぁ~と鼻の下を伸ばし、34歳のナオミ・ワッツの今と変わらぬ美しさを眺めて、この映画のジャンルはなんととればいいんだろうか?と悩んでいた。

    「ル・ディヴォース/パリに恋して」
    http://www.youtube.com/watch?v=N_s6lS1azJs&feature=player_embedded#t=6

    なんか微妙な作品ですよね~ラブストーリーとも言えないし、ラブコメとも取れないし……新しいジャンル?姉妹愛なんですかねwww

    これは何か共感するところがなく、ただ好きな女優さんを鑑賞していたような気がします。それにしてもこのお二人は11年経った今でも衰え知らずですね~

  • フランス人と結婚した姉を訪ねてパリへやってきたイザベル。この映画でも典型的な「パリのアメリカ人」的ロケーションを楽しむことができます。芸術家たちの町サンジェルマン・デ・プレにあるカフェ・フロール(Café de Flore)は、実存主義者サルトルと恋人の作家ボーヴォワールが書斎がわりに使っていたカフェ。ポンピドゥーセンターの6階にあり、サクレクールからノートルダム寺院までを一望できるレストラン、ジョルジュ(Le Georges)や、もちろんエッフェル塔も登場。捨てられたバッグが飛んでいくシーンの背景のドームはフランス学士院(Institut de France)。ルーヴル美術館のクール・カレ( 方形宮)からセーヌ川にかかるポン・デ・ザール(Pont des Arts)を渡ったところにあります。ラストのシーンはヴァンドーム広場(Place Vendôme)。広場を囲うようにして「グランサンク(偉大な5つ)」と呼ばれる宝飾店、メレリオ・ディ・メレー、ショーメ、モーブッサン、ブシュロン、ヴァン クリーフ&アーペルの本店があります。

全3件中 1 - 3件を表示

ル・ディヴォース/パリに恋して [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする