マイ・サマー・オブ・ラブ [DVD]

出演 : エミリー・ブラント  ナタリー・プレス 
  • アットエンタテインメント (2008年12月5日発売)
3.05
  • (3)
  • (9)
  • (17)
  • (9)
  • (2)
  • 本棚登録 :92
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4529264131603

マイ・サマー・オブ・ラブ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • テレビ放送していたのを見たが途中でだれた。

  • 助からない、最後は自分で決める。宗教じみたあの演出には共感。「よそ者の気分。外から眺めている方が好き。」

  • 理解しがたい内容だった・・・
    少女同士が恋愛に似た感情をもち、
    でもあまりポジティブなつながりというよりは
    痛みや悲しみという感情を分かち合った共犯者的な
    存在として相手を必要としているような内容。

  • 文学作品を原作とした英国映画だけあって、なーんか格調高い感じ。ロモ風の色褪せたハイキーな映像がハンディで撮られているのだが、主人公となる2人の少女の肌の薄さやその上のそばかす、緑の田園風景に赤いバイクと…、ひと夏の冒険や性や嘘が、2人がスパスパ吸うタバコの煙のように儚げに描かれている。音楽もそれっぽいし、ストーリーもいかにもな感じで、基本エンタメ好きの僕はこーゆー芸術っぽいのが苦手なのだが、この作品はそれほど苦もなく鑑賞できた。後になってまたちょっと観返したくなる作品は、こーゆー映画だったりもする。けどやっぱり退屈は退屈だったので☆2.5

  • 映像と音楽が良い。
    なんか感情がかき混ぜられる。
    見終わった後、余韻に浸ってしまいました。

  • 「映画天国」にて。センスのある音楽の使い方、モノローグを多用した演出、太陽の光を意識した映像の雰囲気とか「ヴァージン・スーサイズ」によく似てるなぁ。ストーリー的には、平穏な小さな村が小悪魔的でミステリアスな女によって小さな波風が立つという平凡なお話。いろんな意味で既視感の強い作品でした。レズビアンの要素だけが目を引く感じでしょうか。

  • エディットピアフが良い

  • パッケージが好きでなんとなく見たけどおもしろかった。
    気だるげな雰囲気、思春期の女の子同士の日常が何かの拍子に混ざり合ったときの映画。
    かわいいし、途中スタンドバイミーみたいなきもちよさもあって、展開も予想外。
    色彩と内装がとにかくかわいい。
    前半は無いものを持ってるもの同士くっつきあっちゃう無い物ねだりな人間なんて神秘だな〜ふふ〜かわいいってみてたのに後半人間なんてくそだなってなる。でもすき。

  • ビアン映画ではないと思ったのでカテゴリーを変えて登録です。

    少女特有の一時的な情熱、愛情、憎悪、共感、嘘
    が詰まった作品。

    冷めているんじゃない。
    本当は助けて、って叫んでいる。
    でも、誰も自分を助けられないって知っているから、
    少女は強くなれる。

    (10,02,11鑑賞)

  • 一瞬に永遠を求めてしまうのが女のコらしい。ヒトナツの恋てこんなものよね。

全22件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする