COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2008年 12月号 [雑誌]

  • 講談社 (2008年11月10日発売)
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910132231288

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2008年 12月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界のことを知らない私には、その入り口をみせてもらえるようで面白い。
    ワインの特集の中のボルドーの話が興味深かった。

    • lovefigaroさん
      MakiYさん
      格付けがあれほど複雑で、そしてある意味であてにならないものだって不思議ですね。
      2009/06/19
    • Michiruさん
      lovefigaro様

      私時々分からなくなるのです。
      伝統―
      古いもの―
      勿論素晴らしいです。
      建築物しかり、あらゆる芸術しかり。

      でも伝統は時々とても愚かで無意味な働きもしま。

      ワインの格付け、値段と味は100%比例していないと思います。
      有名シャトーのワインは、富裕層しか飲めない構造。
      それは葡萄達の思いを汲んでいることなのかしらと。

      ワイン界以外、すべての世界に共通して見いだせるジレンマです。

      私は何ができるのだろうか、と。
      考えてしまうのです。
      2009/06/20
    • lovefigaroさん
      MakiYさん
      そういうジレンマを感じるMakiYさんだからこそできることがあると思います。
      アンティークの世界もそうでしたもの。
      だから自分の価値観を信じて突き進みました。
      迷っては転んだけれど。
      でも私の色が出せたから、今もつながるお客さまとの絆をいただけたのだと、それだけは自負しています。
      ワイン界に、あるいは舞台にMakiYさんの美学を光らせてください!
      楽しみにしています。
      2009/06/21
  • なんだかんだ言って東アジア情勢は気になるので。というか、いつも思うのだけど「世界からみた日本」シリーズのせいで買っているようないないような・・・・。

全2件中 1 - 2件を表示

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2008年 12月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする