NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2009年 01月号 [雑誌]

  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2008年12月29日発売)
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910068470195

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2009年 01月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地球のいのち
    絶滅危惧種

    1973年に米国で誕生した画期的な生物保護法「絶滅危惧種法(ESA)」。絶滅危惧種を生息地ごと守るというその理念はしかし、人間の生活をも制限する。私たちが暮らす生命の惑星をさまざまな角度からレポートするシリーズ企画「地球のいのち」初回は、この法律の功罪を検証する。
    知られざる
    米大統領の日常

    2009年1月20日、バラク・オバマ氏の大統領就任とともに、ジョージ・W・ブッシュ氏は8年間住み慣れたホワイトハウスを去る。知られざる米国の大統領の日常を垣間見た。
    黄金の魔力

    世界的な金融危機の中で安全な資産として注目される“金”。だが、その輝きの裏には過酷な採掘現場の実態がある。人々が生命を賭してまで追い求める黄金の価値とは?
    北極探検
    二つの物語

    19世紀末、ノルウェーの科学者フリチョフ・ナンセンは大胆な探検を企てた。凍てつく北極海に木造の帆船で乗り出し、あえて海氷に閉ざされることで、氷の流れを利用して北極点までたどり着こうというものだ。だが、計画通りに事が進まないことを悟ると、ナンセンは助手をともない、船を降りた。そして、犬ぞりで前人未到の地へと滑り出したのだ。
    120年の軌跡

    2008年、創刊120周年を迎えたナショナル ジオグラフィック誌。人跡未踏の極地をめざし、ペルーのマチュピチュ遺跡などの忘れ去られた文明を追いかけ、地球の現状をありのままに伝えてきた本誌が、次に向かう先とは?

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする