【Blu-spec CD】I LOVE UNICORN~FAN BEST~(初回生産限定盤)(DVD付)

アーティスト : ユニコーン 
  • SE(SME)(M) (2009年3月17日発売)
4.27
  • (14)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4547557007503

【Blu-spec CD】I LOVE UNICORN~FAN BEST~(初回生産限定盤)(DVD付)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ライブ会場で買ったらサイン色紙も貰えたので嬉しい思い出2009の一枚

  • ファンが選んだベストなので、ユニコーンの入門にはよいかも知れません。
    もともとのファンには物足りなさはあるかも。

  • ヒゲとボインは衝撃的だった・・・!

  • ちょっと!めちゃくちゃいいじゃないですか、ユニコーン。
    フェスで聴いたら絶対楽しい!

  • 先日再結成した、80年代を代表する(?)日本のロックバンドのベスト作品。空耳アワーなどでも出まくりな奥田民生氏の個性があまりにも強すぎる印象がどうしても抜けないバンドだったんですが、実は他のメンバーもかなりの実力派なんですよね。特に手島いさむ氏のたまにぶっ飛ぶギタープレイと、80年代ロックを思わせる阿部義晴氏のキラキラ系キーボードはバンドの個性でもありますねぇ。楽曲は民生節全開って感じの独特な雰囲気が漂いまくりなのはもちろんですが、年末によく聞く#8や、無駄に有名な#13などは聞いてて懐かしさを感じさせてくれます。ってか俺はその2曲しか知らなかったんですがね。自分まだまだ若いですし。このバンドがハードロックでもなく、ヴィジュアル系でもなく、イエモンみたいに男らしいバンドでもない…どちらかというとコミカルなイメージが強いので、聞き込むにはちょっと根気が必要な気がする(苦笑)

  • ファン投票によるベストらしいけど、その曲順が完璧に練られている為、アルバムとしての統一感が素晴らしい。
    サラリーマンの悲哀から、プータローの歌に流れていく1〜5曲目まで前半の曲順はあまりに見事。その後の路線は違えども「Maybe Blue」に代表される1st.アルバムですでに若き奥田民生のメロディーメイカーとしての才能は突出していた。『服部』収録曲の4曲、その一見コミカルな詩世界はかなりの教養がなくては簡単に書けるモノではない。圧倒的な曲作りの才能を見せつける後半。クライマックスに相応しい無常観を称えた「すばらしい日々」以上にラストに相応しい曲はあるだろうか。音の粒立ちもとても良い。
    本当に才能あるミュージシャンはすべて早熟であるし、何よりも老いを早く求める。ユニコーンもそうだった。
    その曲作りやDVD演出など、今感じるのは「なんて大人びていたバンドなんだ」という事。
    リアルタイムで聴いていたゆえに当時は等身大の気分で聴いていたが、実は希有な才能の偉大なバンドであったことに今回のベスト盤で思い知らされた。

  • よい・・・
    DVDは昔のプロモ・・・すてきだー。

  • 「やっぱり」と「びっくり」な選曲でした。
    しかし、Blu-specはすごい!
    ホントに音が全然違います。
    初めてMD聴いたときと同じくらいの感動。
    (ちなみにCDの音はあまり好きじゃなかったんですが……)

    やっぱり「おかしな二人」は大好きだし、
    「SUGAR BOY」と「I'M A LOSER」が入ってないのは残念だったけど、
    改めていい曲だなあと思ったのは、「車も電話もないけれど」と「素晴らしい日々」でした。
    ところで、若者に人気だったという「PTA」の元ネタを彼らは知っているのだろうか?
    もし、知らないのなら、TM NETWORKの音楽は、
    今の世の中に通用することだということなんじゃなかろうか(笑)

  • たみおちゃん!!笑

全10件中 1 - 10件を表示

【Blu-spec CD】I LOVE UNICORN~FAN BEST~(初回生産限定盤)(DVD付)はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする