サーティーン/XIII [DVD]

監督 : デュエイン・クラーク 
出演 : スティーブン・ドーフ  ヴァル・キルマー 
  • NIKKATSU CORPORATION(NK)(D) (2011年10月17日発売)
3.20
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988103631955

サーティーン/XIII [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『サーティーン/XIII』[XIII][DVD] (2008)

     米国初の女性大統領が暗殺。胸に“XIII”のタトゥーを持つ記憶喪失の男が、暗殺事件の重要参考人として捜査線上に浮かび上がる。追うFBI、NSA(アメリカ国家安全保障局)、さらには謎の組織が加わり、話は複雑な様相を見せてくる。

     原作は、グラフィック・ノベルの『XIII サーティーン』で、TVゲーム化もされてるというのですが、両方ともまったく知らない状況での初観と相成りました。各エピソードと感想を簡単にまとめておくと、

    #1;ノースカロライナ州ローリーで、アメリカ初の女性大統領サリー・シェルダンが暗殺される。逃走中の犯人は、血とともに記憶を失っていた。手がかりといえば、肩にある“XIII”のタトゥーとマイクロチップのみ。
     フランス=カナダ製作のTVミニシリーズらしい。“カナダ”ってところが引っかかるけど、今んトコ問題なし。

    #2;写真に写っていたキム・ローランドの自宅を訪ねるが、シークレットサービスが張っていた。写真の裏書から別の場所を割り出し、自らがスティーヴ・ローランドであることを突き止める。一方、捜査班は“XIII”の写真をメディアに公開する。

    #3 ;国家安全保障局(NSA)エイモス大佐に捕らえられた“XIII”は、拷問を受ける。口を割らない“XIII”に業を煮やした大佐は、薬物を使用。が、その副作用で“XIII”の消えていた断片的な記憶がよみがえる。

    #4(最終話);バージニア州ピーターズバーグの某所、“革命で生まれた国は、革命で救われる”の信念の元にメンバーが協議していた。潜入に成功しメンバーの顔を確認した“XIII”は、“XII”に見付かってしまうが…。

     ……、あれ? これで終わり?? コレって、続編出来ないの??? そら、ないわぁ★★★ これだけぐいぐい引っ張ってきて、さあこれからって所で、この終わり方。

     フルコースの前菜だけで、メインディッシュを前にして急遽閉店って言い渡された感じで、すんごいストレス溜まるぅっ。店だったら、大暴れする所。

     フランスとカナダ共同制作とわかったところでな~んか引っかかる所があったものの、ドラマとしては【字幕版】という所を差っぴいても充分面白かったので油断していたら、まさか最後の最後でこんなどんでん返し。

     フランスとカナダ制作のドラマは、ホンと注意しなくては。特にカナダ、過去にシリーズ途中で見るのを断念したドラマって、どれもこれもカナダ物。カナダって聞くだけで、見る気が失せてしまう。

     只今豆狸、カナダアレルギーのため、カナダ物長期絶ってます。『サーティーン/XIII』、せめて【吹替版】で観たかった。

  • アメリカ初の女性大統領が殺害される。同じ頃、山中で記憶喪失の男を発見。彼の胸には「XIII」の文字が刻まれていた。『アローン・イン・ザ・ダーク』のスティーヴン・ドーフと『ヒート』のヴァル・キルマー共演によるサスペンスアクション。制作年 : 2008年 フランス / カナダ
    185分かけて完結しないことが問題か。続編が待ち望まれる作品。
    日本語吹き替えがないので、3時間が疲れました。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする