ジョジョの奇妙な冒険 全63巻完結セット (ジャンプ・コミックス)

著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (2010年1月発売)
4.74
  • (56)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :241
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・マンガ

ジョジョの奇妙な冒険 全63巻完結セット (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子ども達がみてたので教えてもらいました。

    1部はジョナサン・ジョースターとエリナの物語。
    2部はその子孫のジョセフ
    3部はジョセフの子ホリーの息子空条承太郎
    4部は、ジョセフの子東方仗助←イマココ テレビ
    ジョセフの孫の方が、子の東方仗助よりも年上♡

    残酷な描写も多いけど、教わることもたくさん。
    子ども達はかじりついてみてます。4部は深夜枠で放送中。
    承太郎は黒子のバスケの緑間くんで、仗助は火神君です。
    どの部もopとedも秀逸。ドキワク☆

  • パートごとに思い出が詰まってます‼︎

    どのパートにも好きなキャラがいて
    読み返して気付くことも多いです。

    ジョジョ達との奇妙な冒険を楽しむ
    ことができました‼︎

    ただし、矛盾点、キャラ設定の甘さなど
    タイトル通り奇妙な点が多数あり、
    気になる方には向かない作品だと…

  • 正直言って、欠点は山ほどある。
    設定や展開の矛盾は星の数ほどあるし、それどころか作中で設定が変わることさえある。時折出てくるグロいシーンも人によっては減点対象だろう。
    しかし、この漫画にはそれらの欠点を補って余りある魅力がある。余りまくっている。
    いちいちかっこいいキャラクターの言動、独特なセリフ回し、先の読めない展開、バトル時の発想の豊かさ……どれを取っても漫画界、とくにバトル漫画では未だに他の追随を許していない。間違いなくナンバーワンだ。
    さらに、この漫画はネタの宝庫でもある。
    真面目に読んでも最高、ネタとしても最高、そんな漫画はジョジョ以外にはない! ……たぶん。

  • 2013.5~7月 弟に借りた。

  • 今の職場、70年代生まれが多くジョジョを知らないと話題についていけない。
    いつの間にか読み始める事に・・・。

    その奇妙な世界観に吸い込まれ・・・
    気がつけば、今やスタンドが見える(?)までジョジョの世界に入り込み(-_-;)...

    そして、いまさら現実の世界に戻ろうなんて・・・
    無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!無駄!無駄!無駄!!無駄!!!無駄ァァァ

  • とりあえず読むべし!!

  • 能力漫画の先駆け、金字塔。
    唯一死んでもあの世まで持っていきたいと思った漫画です。

  •  

  • 大学の時、友人に借りて一気に読んだ。中学生の時はジャンプに載ってたので、ストーンオーシャンを多少読んだけど、絵が受け付けなくて倦厭していたのだけど、いや面白いわ。この気持ち悪さ加減も含めて!3部、4部、5部が特に好き。

全12件中 1 - 10件を表示

荒木飛呂彦の作品

ジョジョの奇妙な冒険 全63巻完結セット (ジャンプ・コミックス)に関連する談話室の質問

ジョジョの奇妙な冒険 全63巻完結セット (ジャンプ・コミックス)に関連するまとめ

ジョジョの奇妙な冒険 全63巻完結セット (ジャンプ・コミックス)はこんなマンガです

ジョジョの奇妙な冒険 全63巻完結セット (ジャンプ・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする