CELEBRATION

アーティスト : MADONNA 
  • WEA (2009年9月21日発売)
4.57
  • (13)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0093624972426

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マドンナって、アルバムの構成力が尋常でないレベルで良いと思う、いつも。これも間違いのない一枚。

  • これ聴いちゃうと、やっぱりレディー・ガガはマドンナには敵わないなと思う。「タレント」としてのスケールの大きさも、その破天荒っぷりも、ヴィジュアルも。

    この作品に関して、ごちゃごちゃ言う必要はないでしょう。
    彼女が「ポップスの女王」と呼ばれたる所以、ココにアリ。


    10/10追記
    『Like A Virgin』から『Into The Groove』へのなだれこみ方が気持ちいい。
    80年代サウンドが最近新鮮☆

  • やっぱりポップの女王は違いますね。ロックもラテンもテクノもダンスミュージックも全てを含んで、なおどのジャンルにも当てはまらないマドンナの音楽。マイケル・ジャクソンと同じように、彼女自身が一つのジャンル“Queen of Pop”何だと思う。
     近年の楽曲と昔の違いに注目すると面白い。曲の作り方から発声の仕方まで違う。昔の曲はブリッコなほどかわいく、最近の曲はアップテンポで質の高いダンスミュージックであるが年相応の落ち着いた声質が感じられる。“Like a Virgin”なんて今のマドンナには表現できない処女性を感じる。
     すばらしい、年代をさかのぼるようにマドンナの曲を聴いてみたいと思った。

CELEBRATIONのその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする