サマーウォーズ [Blu-ray]

監督 : 細田守 
出演 : 神木隆之介  桜庭ななみ  富司純子  谷村美月  斎藤歩 
  • バップ (2010年3月3日発売)
4.52
  • (269)
  • (85)
  • (42)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 843
レビュー : 123
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021710817

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずっと見たくて、やっと見た映画!とっても面白かった!!最初から最後まで画面に釘付けだった。

    ストーリーはテンポよく進み、キャラクターは個性があり、よく動き、完成度の高い映画だ。

  • 「つながり」って大切ですよ。終盤は鳥肌もの。

  • 金曜ロードショー(ノーカット)で視聴。

    何度目の視聴になるかわからない。毎年放送されているから。
    家族との絆、物語の進み方、ワクワクする展開。好きですね。
    放送していたら、ついつい見てしまう。そんな作品です。

  •  インターネットの仮想世界発の世界危機に大家族が挑む。

     これ、10年前なのか(2009年)。ネットの仮想世界なんて今ではなんてことない世界観だったけど、当時は新鮮で田舎の一族とのギャップが良かった。
     世界観はいいのだが、なんか好きになれない作品だった。主人公がパっとしないからかなぁ。。。

  • なんというか古き良きというのか、とにかく正統派アニメ映画という感じ。
    物語の重要なキーアイテムとして花札が登場するんだけど、全くルールが分からなかったので、そこのところは入り込めなくて残念。
    ちょっとご都合主義的展開が気になるところではある。
    デジモンのウォーゲームをかなりそのままセルフパロディというかリメイクに近い感じで採用してて、両方見比べると面白いと思います。
    カズマくんの声が残念。

  • 2回寝ちゃった

  • 田舎の家族(または親戚)付き合いを良い意味でも悪い意味でもリアルに描いていると感じた。
    そういう点においては観ていて息苦しくなってしまうのだけれど、後半の一致団結していくところは観ていて涙が出てくる位良い。
    笑顔で終われるのも王道だけど凄く良い。

    夏にあの目の前一杯に広がる青空を観たくなって、観返してしまう素敵な1作。

  • 公開当時の2009年、大学時代にサークルの同期や先輩と見に行った思い出の映画です。細田守なるクリエイターを初めて意識した映画でもあります。それから6年経って、中古でBlu-rayが売っていたので懐かしくなって購入。

    OZの世界観、ホント、好きなんですよ。システムにあらゆるサービスが集約され一元化されて便利になった一方で、ハッキングで即時に世界全体がディストピア化してしまう、そういう世界観がね。
    理由はと聞かれても、「単純に好み」としか言いようがないですが。

    劇場で見に行った時は、「スパコンと船の電力と自衛隊の回線でスペック強化した分だけアバターが強くなるってどういうシステムよ?」とか、「最後のばあちゃんの顔写真笑うのって怖くね?軽くホラーじゃね?」とか先輩が色々ツッコんでたのを思い出します。
    まぁそういうとこ含めて、SFとしての作りは荒いし、ストーリーも全くもってご都合主義展開ですけどね。やっぱり好きな作品ですよ。

    「お前なら出来る!」としっかり元気付ける栄おばあちゃんね。笑顔が素敵ないいおばあちゃんですよ、本当に。顔を突き合わせた人と人とのつながりが大事なんだって、単純にその通りだと思います。もう、それ以上は余計。だって、考えたところで所詮全部フィクション、所詮話を盛り上げる為のスパイス、小道具、ただのエンタメ要素ですもの。あの時の先輩のツッコミも分からなくはないけど、今見た限りでは「細田監督チームの粋な演出」と捉えたほうがいい部分だとも思います。

  • 「よろしくおねがいしまーーーーす!」

  • 夏になると見たくなる映画。

全123件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年富山県生まれ。91年東映動画(現・東映アニメーション)に入社。アニメーターとして活躍したのち、演出に転向。05年、東映アニメーションを離れ、フリーに。06年公開の「時をかける少女」、09年公開の「サマーウォーズ」、12年公開の「おおかみこどもの雨と雪」で数多くの映画賞を受賞。

「2018年 『くんちゃんのでんしゃノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外部サイトの商品情報・レビュー

サマーウォーズ [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ツイートする