十二人の怒れる男 [DVD]

監督 : シドニー・ルメット 
出演 : ヘンリー・フォンダ  マーティン・バルサム  リー・J・コップ  エド・ベグリー 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009年11月20日発売)
4.38
  • (23)
  • (12)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142757920

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 破綻のないストーリーと個性的な登場人物。
    密室劇はこれが全て。
    誤魔化しの無い良質な映画。

  • 殺人の罪に問われている17歳の少年に対し有罪か無罪か12人の陪審員が永遠と議論します。
    陪審員制度は原則として全会一致で評決しなければならないのですが、有罪に固執する陪審員が墓穴を掘り多勢に無勢の状況になっていく展開は非常に引き込まれます。番号でしか呼称されない人間が12人もいるのにしっかりキャラが立っている点も素晴らしいです。見事な脚本だと思います。

  • この一本から空前絶後の裁判映画ブームがはじまりました。私の中で。場面転換がほとんど無いなか、セリフだけで観客をぐいぐい引き付けて離さない見事な脚本でした。

  • 面白い、と、凄い、としか言い様がない。少ない場面の中で、これだけこの映画の世界に引き込まれるってなかなかないし、陪審員制度に少し興味を持つことができた。

  • 今年観た中では間違いなくNO.1。
    感情を押し殺し、あくまでもロジカルに心理戦を展開するヘンリー・フォンダは最高にスマート。

  • 午前十時の映画祭。
    1957年のアメリカ映画。

    ほとんどずっと同じ部屋で12人の男が缶詰になって話し合う映画。
    空調がきかず暑くて汗だくになりながら男だらけで激論するので相当くさそうなのはさておき、よくできた映画です。
    テンポよくすすんでいくのでまったく飽きずに、
    しかも12人ものキャラクターの個性がそれぞれたってて
    96分間のまとまり具合がすばらしい。
    好きな映画のひとつに挙げる人が多いのも納得。
    観てよかった。

  • 一部屋に、12人の出演者がいるだけで、1時間半見入らせるすごい映画。

    非常に論理的で、無罪が一人一人増えていく様子が痛快。
    論理的でありながら、心理戦でもあり、ドキドキする。


    主人公の冷静な姿勢に非常に好感。

    相手の質言をとりながら、説得していく、
    営業マンの勉強にもなりそうな本。

  • それぞれの持つドラマが面白い。最後の展開も好き!

  • 心理の授業中に見たけど、最後まで見入ってしまった。l舞台はほぼ一つの部屋だけなのに、時間を感じさせない面白さ。

  • 父親殺しの罪に問われた少年の裁判で、陪審員が評決に達するまで一室で議論する様子を描く。
    法廷に提出された証拠や証言は被告である少年に圧倒的に不利なものであり、陪審員の大半は少年の有罪を確信していた。全陪審員一致で有罪になると思われたところ、ただ一人、陪審員8番だけが少年の無罪を主張する。彼は他の陪審員たちに、固定観念に囚われずに証拠の疑わしい点を一つ一つ再検証することを要求する。


    モノクロだし、昔につくられたものだし、場面が1つの部屋から変わる事はないのに飽きないのがすごい。

全18件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする