アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く 特典 オフィシャルビジュアルブック付き - PS3

  • バンプレスト (2010年1月28日発売)
  • PlayStation 3
3.52
  • (0)
  • (13)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 2200630002278

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2011/06/02遊了.

    トロフィー100%達成.

    プレイ時間100時間突破.

    アルトネリコシリーズもコレで3作目.


    システム

    このシリーズは時々どこへ向かおうとしているのか分からなくなるよ.

    今回はパージのシステムが謎だったなぁ.

    戦闘中,詩魔法を放つヒロインを脱衣させていくほどに

    詩魔法の威力が上昇するとか….

    前衛も超必殺技を放つ時に褌一丁とかパンツ一丁に脱衣して

    その後の戦闘はそのまま続行するし.

    何が狙いなのかさっぱり分からないよ.

    まぁ,でも詩魔法をチャージすればするほど威力が向上していくのは前作と同様.

    1000000を超えるダメージを弾き出すとやっぱり気持ち良いね.

    戦闘難易度はメニューが開ければいつでも変更可能で

    Easy Normal Hard の3つから選択可能.

    獲られる経験値は変化しないようなのでお好みで.

    調合のシステムも健在.

    製作したアイテムの名前が変えられる(デフォルトとヒロイン命名から選択).

    シリーズを通して登場するアレもございます.

    おいしいものとおいしいものを使って作ると

    おいしいものが出来ないわけが無い,というアレが….


    調合中の会話も一緒に調合するヒロインごとに用意されている.

    新しく製作した武器がその前に作った武器より強いとは限らないのも前と同じか?

    まぁ,詩魔法が強いので武器なんてぶっちゃけ初期装備のままでも良いんだけど.

    ヒロインの脱衣に加え前回までのような衣装チェンジじゃなく

    今回は人格チェンジですよ.

    コスモスフィアというヒロインの精神世界を進めていくと

    新たなボディーが手に入ると,そういうシステム.


    ストーリー

    滅び行く惑星.

    世界に3本しかない塔.

    その最後の1本,ティリアの塔での物語.

    ナレーションは銀河万丈さん.

    開始直後のナレーションで既にwktkしてしまうわけです.

    で,最初のイベント戦闘で爆笑.

    なんだこのアルトネリコっぽくない世紀末覇王みたいなキャラは.

    しかもあの顔で声は大谷育江さんとか….

    で,なんだかんだで人を信じて騙されて裏切られて….

    まぁ,ストーリーなんて細かく感想とか書いていったら限が無いので辞めときます.

    しかしアレだ.

    アルトネリコとアルトネリコ2のキャラたちが話だけでも結構出てきてニヤニヤしちゃうなぁ.

    ジャック,クルシェ,ココナ,ミュール,さーしゃ,ツンデレ様とドロデレ様,etc.

    面白かったよ.

  • 感想書くのをずっと忘れてた……DLCもまだだし今回は1ルートしかやってないが。

    ゲームとしての纏まり方が初代の感じに戻ったなぁ、というのが全体的な感想。
    こう、言葉が足りなくて駆け足なあたりとか。

    キャラクターは三作通して一番とっつきやすいのが揃ってると思う。
    サキとアオトの効果だろうか。パーティが明るいというか、ギスギスしてない感じ。

    ヒュムノスも悪くはない……が、印象に強く残るものは少ないかなぁ。
    今回はヒュムノス関係で苦労するピソードが少ないせいもあるだろうか。

    ストーリー。
    悪くない。2のややこしさ面倒くささよりはこっちの方が好み。
    ……だと思えるのは目をそらしてる部分があるからだとふと気づく。
    これヒロイン一人しか残らなくね……?
    サキ選ばなかったら帰るし。フィンネル攻略完了しないと破滅願望残ったままだし。ティリア……は本編だけじゃ攻略しても怪しいのか。まだ見てないけど。

    コスモスフィア。
    ギミックがけっこう面白い。
    「ごめん、遠慮する」にならない良いバランスだったと思う。

    システム。
    相変わらずマターの取り逃しが怖い。
    パーティマターが増えたからよりいっそう。でもマターの内容が楽しいから許す。エロ本とか。
    戦闘が辛かったなぁ。今回遭遇ゲージ0化アイテム消えたし。
    ダメージの数値がかなり控えめになっちゃったし。

    しかし。
    三作中一番おすすめしやすいのが最終作ってどういうことさ。

  • 全トロフィー取得。詩とキャラクターは何時も通りの素敵さだけれど、今回はストーリーが穴だらけの超展開。後半の「計画」という名前の机上の空論を妄信する展開は、異様に感じました。

  • 曲はいつものことながら、どれもすばらしい。
    ストーリーは、すこし壮大にしすぎた感はあるものの、十分楽しめた。
    戦闘は慣れるまでが大変。しかし、うまくこなせるようになると楽しさがある。
    歩行モーションのぎこちなさが残念。
    全体的には、画期的なシステムも多数あり、新境地といった感じ。

  • ティリアが真綾さんです!前作キャラも出てくるので嬉しいです。私は、戦闘は2のほうが好きです。

  • これをやりたいがため、ついに PS3 を買った。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く 特典 オフィシャルビジュアルブック付き - PS3を本棚に登録しているひと

ツイートする