プール [DVD]

監督 : 大森美香 
出演 : 小林聡美  加瀬亮  伽奈  もたいまさこ  シッティチャイ・コンピラ 
  • バップ (2011年10月17日発売)
3.41
  • (141)
  • (242)
  • (310)
  • (122)
  • (27)
本棚登録 : 1912
レビュー : 274
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021134293

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 良く言えば静か、悪く言えば物足りない映画。あんな母親は、自分が子どもだったら許せない。

  • 小林聡美シリーズ、初めて?子どもがいる。
    ワンコも。
    チェンマイらしき風景も写るが、ほとんどがゲストハウス内。
    そこはシェルターで外界と隔離され、沖縄で撮影されても分からない。
    作画意図が不明な作品。

  • うーん。
    何か凄く無責任で綺麗事な感じがした。
    娘を産むのも自分が好きでしたことじゃないのか。
    それを放棄して他にまた好きなことをする。
    好きなことをするにしても、そこに責任はないのか。
    自分はいいだろうけど、周りは迷惑だろうなぁと。
    自分の親がこんなんじゃなくて本当に良かったとしか思えない。

  •  家族から離れタイのゲストハウスで暮らす母に卒業旅行で会いに来た大学生の娘。彼女はなかなか自然体の母と向き合うことができず。。。

     「メガネ」などでおなじみの小林聡美の一連の映画の一つ。ゆっくりと流れる時間の気持ちよさに今作では歌の魅力も加わっている。
     自由に生きてる母につっかかる娘に母が「あなたも自由に生きたらいいじゃない」みたいなことを言うんだけど、なんかそれがすごく残酷に感じたことはメモ(映画の中では母子が和解していくのだが)。

     娘役の伽奈が可愛い。

  • 揚げバナナうまそう。

  • 「かもめ食堂」のスタッフが作ったらしいけど、何だこりゃって感じ(-。-; 監督が違うのか・・・。

  • 制作年:2009年
    監 督:大森美香
    主 演:小林聡美、加瀬亮、伽奈、もたいまさこ
    時 間:96分
    音 声:日:リニアPCMステレオ/ドルビーステレオ


    4年前、祖母と娘・さよのもとを離れ、母・京子は、タイ・チェンマイの郊外にあるゲストハウスで働き始めた。
    大学卒業を目前に控えたさよは、そんな母を訪ねて一人、チェンマイ国際空港に降り立つ。
    迎えに現れたのは母ではなく、母の仕事を手伝う市尾だった。
    小さなプールがあるそのゲストハウスにはビーというタイ人の少年と、不思議な空気感を持つオーナーの菊子がいた。
    さよは久々に会った母が、初めて会う人たちと楽しそうに暮らしている姿をどうしても素直に受け入れることができず、戸惑いを感じるのだった。
    しかし、行方不明の母親に会いたいと思っているビーや、彼の母探しを手伝うがなかなかうまくいかない市尾、そして余命宣告を受けている菊子たちと接するうちに、さよは段々と心が開いていくのを感じ始めていた。
    4日目の夜、さよは、どうして自分を残してタイに行ってしまったのか、ずっと聞きたかった気持ちを素直に京子にぶつけてみる。
    キラキラ光るプールの水面に映るそれぞれの風景。
    好きな場所に住み、自由に生きている人たちとの素朴な心の交流の中で、やがて日本に帰るさよの思いはゆっくりと変わっていくのだった……。

  • 小林聡美 作品!
    最近観た3つの中ではイマイチだったかな。
    でも、普通に面白かった。
    アジアのリゾート地でホテルをやってる日本人の話。

  • 木の揺れる音や鳥のさえずりなど、自然の音がとても心地よかったです。
    ごはんもとてもおいしそう。

    親子の関係であったり、生きること死んでいく事など、いろいろ考えさせられるお話でした。

  • 海外旅行したくなった!
    「かもめ食堂」といい
    「めがね」といい
    どーしてこー旅行欲を
    うまーくくすぐってくるのでしょーか

全274件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

プール [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする